うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分一人では何をしたら良いのか見当がつきませんでした(神奈川県の大貫さんの事例)


1.基本情報


氏名:大貫さん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:3級
年金額:約67万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約141万円)

 

2.事例


通勤中に交通事故にあったことがきっかけで
不眠や意欲減退といった症状が現れるようになった大貫さん。

病院に行くとうつ病と診断されます。

それから10年ほど治療を続けていますが、
うつ病はよくなりません。

食欲不振・動悸・めまい・倦怠感・昼夜逆転
といった症状も出てきました。

もちろん仕事を続けることもできず、
ここ5年ほどは働けない状態が続いています。

大貫さんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は1日二食程度
●入浴は週4〜5回程度
●部屋の掃除や片付けはできない
●買物に行っても何を買えばよいのか分からなくなる
●薬は週に2〜3回飲み忘れている
●相手が早口だと内容が理解できなくなってしまう
●怒りの感情をぶつけられると萎縮してしまう
●質問に答えるまでに時間がかかったり、質問と違う話をすることがある
●電車に乗ると、対人緊張から冷や汗をかいてしまう
●通院などの習慣化した外出はできるが、自宅で横になって過ごすことが多い

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に3級の年金が認められました。

 

3.大貫さんの声


障害年金を受給することを勧められたのですが、
自分一人では何をしたら良いのか見当がつきませんでした。

インターネットで検索していて、
全国障害年金パートナーズを知りました。

すぐには依頼しませんでした。

他のサービスや社労士事務所と比較していて
どうしようか迷っていたからです。

宮里先生がうつ病による障害年金専門の社労士だったことが決め手で
依頼することにしました。

初めてお会いして面談を受けたとき、
細かいことまで親身になって相談を受けていただき
安心しました。

障害年金をもらえる状況にあっても
なかなか最初の第一歩が踏み出せませんでした。

うつ病による障害年金専門の宮里先生に
まずお話しを聞いてもらうことから始めると良いと思います。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける