うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

袋いりませんよね?


From:山崎純平
府中のカフェより

スーパーでパンを1つ買おうとした時、
レジの女性店員さんが

「袋いりませんよね?」

と優しく聞いてきました。

スーパーでは、環境に配慮して、レジ袋が有料のところが多いですね。
また、コスト削減をして、その分、商品を値下げしようという狙いがあると思います。

コンビニでも、お菓子、飲み物、パン、おにぎり等、1つしか買わない時には、
シールで対応することも多いでしょう。

流石に、複数の商品を買う場合は、レジ袋をつけるところが多いと思います。

話を戻しますと、パンを買った際は、カバン等がなくて、手ぶらだったんですね。
カバンがあれば、レジ袋は不要なのですが、その時は、手ぶらでした。

パンを一つ持って歩くのは、ちょっと違和感があるな〜と思いました。
そこで、本当なら、「レジ袋をつけて下さい」と言いたかった・・・
でも、店員さんが「袋いりませんよね?」と
袋がいらないことを前提に聞いてくるわけですよ。

だから、「はい」と答えてしまったんです。

ここで、「いいえ。袋いります」と言ったら、
相手の考え(この人はパン1つしか買わないのだから、当然、袋なんか、いらないはず)を否定することになると思ったんです。
すると、嫌な思いをさせてしまうかな〜と思って、とっさに「はい」と答えたんです。

まして、優しく聞かれたら、「はい」としか答えられなくて・・・

これが、無愛想に聞かれたら、「いいえ。袋いります。」と強気で言えたかもしれません。
この無愛想店員に、嫌な顔されても、全く気にならないからです。

でも、優しく聞いてくれる店員さんに嫌われるのはちょっと・・・・という思いがあったのでしょう。
だから、本音と違う返事をしてしまったんです。

でも、相手は相手で、自分は自分ですよね?

相手がどう思っていようが、関係ないのです。
自分がどうしたいのか!自分の気持ちに正直になること、それが重要だと思うのです。

僕は、レジ袋が欲しかった。
その欲求を閉じ込めてはいけなかったのです。

こう聞くと、自分中心になってしまうのではないか?と思うかもしれませんが、自分中心でいいんです。
自分の人生の主人公は、自分です。
自分が好きなように生きればいいんです。

確かに、自分中心に生きるという考えを前面に出したら、他人から迷惑がられるかもしれませんが、あなたはそんなことしないでしょう。
だって、あなたが精神的な症状で苦しんでいるのは、他人のことを誰よりも思ってしまっているから。
そんな他人思いのあなたは、時として自分を犠牲にしてしまっていることでしょう。
だから、もっと自分中心に生きていけばいいんです。

あなたはきっと経済的不安を抱えていることでしょう。
でも、安心してください。
障害年金がその問題を解決してくれます。
あなたがもっと自分中心に生きられるために、障害年金を考えてみませんか。

そのお手伝いを、私たち全国障害年金パートナーズにさせて下さい。

お気軽にお問合せ下せい。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける