うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金を本当に受給できるのか?(神奈川県のK.Tさんの事例)


1.基本情報


氏名:K.Tさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:さかのぼって2級
年金額:約159万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約373万円

 

2.事例


48日間連続勤務や月100時間を超える残業など、
過労状態にあったK.Tさん。

働き過ぎが原因で、
不眠・不安・意欲減退といった症状が現れるようになりました。

病院へ行くと、
うつ病と診断されます。

治療を開始しても症状は良くならず、
頭痛・イライラ・焦燥感・倦怠感・趣味や関心の喪失・
希死念慮といった症状も現れるようになりました。

仕事も続けることができず、
2年ほど働けない状態となっていました。

K.Tさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は一日二食で、調理や片付けを手伝うこともできない
●入浴は二週間に一回程度、家族に促されても入浴できないことが多い
●部屋の掃除や片付けも全くできない
●買物に一人で行くこともほとんどできない
●浪費行動が見られ、金銭管理能力にも支障がある
●相手が何を言っているのか分からなくなる事がある
●自分の気持ちを言葉にできないことがある
●質問に答えるまでに時間がかかったり、質問と違う話をしてしまう
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流はない
●電話が鳴っても出ることができない
●宅急便が来ても対応できない
●電車やバスを一人で利用することも難しい
●災害等で避難指示が出ても、避難できずに自宅にいると思われる
●基本的に外出できず、横になって過ごしている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事にさかのぼって2級の年金が認められました。

 

3.K.Tさんの声


障害年金を本当に受給できるのか?
調べれば調べるほど、手続きが多く、
体調もよくなくてどうして良いのか分からなかった。

ホームページを見て、YouTubeを何本かみて、
全国障害年金パートナーズを知りました。

自宅近くの社労士さんに頼んだ方が良いのか?
また、体調の関係で外出が苦しかったこともあり迷いました。

宮里先生と電話でお話させていただいて、
とても安心でき、お願いすることを決めました。

また、うつ病での障害年金を専門になさっていることも決め手でした。

書類の作成から提出まで全てをお願いできましたので、
私自身は待っただけといった形で大変助かりました。

 

【これから障害年金を受け取るうつ病の方へ】
うつ病になって考えがうまくまとまらなかったり、
不安ばかりが増していきました。

今後の不安の1つであるお金の問題が解決するだけでも
ずいぶんと気持ちが楽になると思います。

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける