うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

地元の社労士や他の社労士はとても不親切で、全部の社労士が信用できなくなっていました(岐阜県のT.Hさんの事例)


1.基本情報


氏名:T.Hさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:岐阜県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:さかのぼって2級
年金額:約113万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約292万円)

 

2.事例


車の事故にあったことがきっかけで、
不眠や不安といった症状が現れるようになったT.Hさん。

イライラ・希死念慮・焦燥感・意欲減退・食欲低下・趣味や関心の喪失
といった症状もあったことから、
精神科のある病院で治療を続けていました。

うつ病と診断されて治療を続けていましたが、
症状は中々良くなりません。

仕事も3年ほどできない状態が続いていました。

T.Hさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は1日1食、調理や後片付けを手伝うこともできない
●台所に行くこともできないため、家族が食事を自室まで運んでくれる
●入浴は週に1回程度、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けは行えない
●一人で買物できず、ここ2年ほど病院以外でお金を使った記憶がない
●通院も家族の送迎が必要
●薬も家族が毎回用意してくれる
●人と話をしても、相手が何を言っているのか分からなかったり、話がかみ合わない
●人を見るだけでイライラしてしまう
●集団行動は困難
●車の運転もできない
●電車やバスを利用することも難しい
●銀行でお金の出し入れをすることもない
●文字を書くことも難しい
●自室で横になって生活している

T.Hさんの場合、
交通事故がきっかけでうつ病になっていましたので、
障害年金の手続きはとても大変でした。

通常であれば必要ない書類を
たくさん用意しなければならないからです。

おそらくT.Hさん一人で手続きしていたら、
あまりの難しさに途中で障害年金を断念していたか、
不適切な書類を提出して年金が不支給になっていたかもしれませ。

今回は私たち全国障害年金パートナーズがサポートしたことで、
さかのぼって2級の年金を手に入れることができました。

 

3.T.Hさんの声


この先どうなるのか、
お金のことで心配でした。

Googleで検索して、
全国障害年金パートナーズを知りました。

障害年金を知って半年〜1年近くしてから
宮里先生に依頼しました。

地元の社労士や他の社労士はとても不親切で、
全部の社労士が信用できなくなっていたからです。

宮里先生のYouTubeを見て、
「ここなら大丈夫だ!」
と思い、依頼しました。

とても親切で仕事が早いので、
安心できました。

【これから障害年金を受け取るうつ病の方へ】
宮里先生に依頼すればまず大丈夫だと思います。
本当にありがとうございました。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける