うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

頼りになったのは、主治医でも心理療法士でもなく、宮里先生だけでした!(東京都のN.Kさんの事例)


1.基本情報


氏名:N.Kさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:東京都
病名:うつ病・統合失調症
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:さかのぼって2級
年金額:約143万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約417万円)

 

2.事例


配偶者が亡くなってしまったショックから、
不眠・幻覚・幻聴・不安・体の震え・意欲減退
といった症状が現れるようになったN.Kさん。

病院へ行くと、
うつ病及び統合失調症だと診断されます。

二年ほど治療を続けてきましたが病気は良くならず、
仕事もできない状態となってしまいました。

N.kさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は一日一食、決まった時間に食べることもできない
●入浴は週に1回
●部屋の掃除や片付けは、ここ2年ほどできていない
●朝起きての洗面や歯磨きもできていない
●人が多いところでの買物はできない
●薬の飲み忘れも多い
●質問されても答えるまでに時間がかかる
●質問と違う話をしてしまうことも多い
●集団行動は困難
●車の運転もできない
●基本的には横になって過ごしている

一人暮らしが困難な状況になったことから、
N.Kさんは実家に戻って家族の援助を受けることになりました。

そして、
私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
さかのぼって2級の年金が認められることになりました。

 

3.N.Kさんの声


会社での配置転換やパワハラのストレスから、
一緒に頑張ってきた身体障害者だった妻が亡くなり、
うつ状態になりました。

当初、仕事は休職しましたが
その後退職となりました。

休職中に入院していたびょういんで、
「魔法の靴」という動画を見て全国障害年金パートナーズを知りました。

復職できると考えていたため、
相談のみで依頼まではしませんでした。

他の社会保険労務士にも相談したのですが、
対応が悪かったので、
全国障害年金パートナーズに依頼しました。

依頼前にもかかわらず、
私の不安から何度も相談の電話をしてしまいましたが、
その都度丁寧に対応していただき、
安心して受給代行を依頼できました。

その後も的確なアドバイスをいただき
ありがとうございました。

私の場合は、
うつ病・統合失調症という病名で障害年金の2級が決定しました。

頼りになったのは、
主治医でも心理療法士でもなく、
宮里先生だけでした。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける