うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

病院向けに作成した書類も、担当医師が絶賛していました!(埼玉県の田中さんの事例)

1.基本情報


氏名:田中さん
年齢:50代
性別:男性
都道府県:埼玉県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:遡及しての障害年金2級
年金額:約210万円
 

2.事例


妻がガンで余命宣告を受けたことをきっかけに
不眠・拒食・頭痛・話をしなくなるといった症状が出てきた田中さん。
次第に仕事もできなくなり退職。
退職後1年半ほど経ってから障害年金のことを知り、
全国障害年金パートナーズに受給代行の依頼がありました。
しかし田中さん自身は家族以外の人と話をすることができない状況でしたので、
奥様とやり取りしながら障害年金の手続きを進めていきました。
田中さんの日常生活の状況は次のとおりです。
●食事は一日一食か二食。自分では調理できず、妻が作るか宅配サービスを利用
●入浴は10日に1回程度、着替えも同様
●ひげも1ヶ月に1回くらいしか剃らないため、浮浪者のようになっている
●部屋の掃除もまったくできず、自室は足の踏み場もない状態
●外出できないため、一人での買い物も行えない
●服薬については、妻の薬を誤って飲んでしまうことが時折ある
●妻以外の人との会話はできない
●電話もできず、家のインターホンが鳴っても対応できない
●希死念慮が見られる
●社会的な手続きは自分では行えない
2級が妥当だと思っていましたが、無事に2級が認定されて安堵しました。
 

3.田中さんの妻からの声


障害年金の制度があると調べましたが、
どのように手続きしたら良いのだろうと不安でした。
インターネットでうつ病のことをいろいろと調べていくうちに
御社を知りました。
すぐには依頼せず、社労士の方はどんな方だろう、本当に大丈夫だろうか?
と悩みました。
お願いをするならお人柄を見たいと思いお会いさせていただき、
その時の先生の印象や不安に対するお話を聞くことによって
この先生にお願いしてみようという気持ちになりました。
思っていた以上に親身にお話も聞いて頂き、病院へ提出する書類も
担当の先生が「こういう書類は初めてです」と言われていました。
完成度が高いのだろうなぁ〜と思いました。
お忙しいとは思いますが、不安な時に相談させて頂き、
こころよく対応して頂けたのが、とてもありがたく感謝しております。
また、思っていた以上の結果で嬉しく感謝しております。
uv_49tk



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける