うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分たちの力だけではとても障害年金を受給することはできなかったと思います(愛知県E.Mさんの事例)


1.基本情報


氏名:E.Mさん
年齢:50代
性別:女性
都道府県:愛知県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:障害厚生年金3級
年金額:約59万円
 

2.事例


身内に不幸があったことで希死念慮や意欲減退といった症状が現れたE.Mさん。
10年以上治療を続けていますが、中々症状は改善せず、
これまでに2回入院もしています。
仕事は何とか続けていましたが体調が思わしくなく、
フルタイムから短時間勤務へと変更しましたが、
結局退職となってしまいました。
現在は家族に支えられながら療養に専念しています。
E.Mさんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は1日一食か二食だが、調子の良い時は自分で作ることもある
●入浴は家族に促されてなんとか入れている
●部屋の掃除は家族に手伝ってもらわなければならない
●一人で買い物に行くのは困難だが、家族が買い物に行くのに付き添うことはできる
●通院は家族の付き添いが必要
●時折薬を飲み忘れることがある
●質問されても応えるのに時間がかかるなど、コミュニケーションに支障が出ている
●社会的手続きは家族のサポートが必要
適切な手続きができれば3級に該当すると考えていましたが、
無事に3級が認定され、E.Mさんにも喜んでもらえました。
 

3.E.Mさんの声


障害年金を受ける為に何をどうしていいのか、
本人・家族共にわからず、途方に暮れている状態でした。
インターネットで障害年金を調べていたときに
全国障害年金パートナーズのホームページを見つけました。
「障害年金を受け取るために注意すべきポイント」をHPで拝見して
自分で行っては行けないと思ったのと、自分でできる自信もなかったため、
すぐに依頼しました。
全てお任せでき、特別難しいこともなくスムーズに申請手続きができたので、
依頼して本当に良かったです。
自分達の力では、とても受給は受けることができなかったと思います。
電話とメールのやりとりだけで負担もなく、
でもしっかりと対応してもらえたので安心してお任せすることができました。
ありがとうございました。
uv_60em




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける