うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金について自分で調べていましたがあきらめていました(愛媛県K.Mさんの事例)


1.基本情報


氏名:K.Mさん
年齢:30代
性別:女性
都道府県:愛媛県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:障害基礎年金2級
年金額:約78万円
 

2.事例


家族との関係が悪化したことで不眠・不安・憂うつといった症状が
現れたK.Mさん。
約20年前に病院に通い、
そこから治療を継続していましたが
うつ病は改善しませんでした。
当然仕事などできる状態ではなく、
家事などの日常生活にも支障が出ていたため
夫が自分の仕事を辞めてK.Mさんの介助をする日々が続いていました。
K.Mさんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は自分では作れず、夫が用意しても食べれないことがある
●入浴は週に1回
●買物にも一人では行けず、金銭管理はすべて夫が行っている
●薬は週に2〜3回飲み忘れる
●うつ状態のときは人と話ができない
●周囲に対して配慮に欠いた言動をとることがある
●車の運転にも支障があり、追突事故を起こしてしまった
●対人関係は乏しい
●社会的手続きはすべて夫が行っている
そのような中で私たち全国障害年金パートナーズを知り、
障害年金の受給代行を依頼してくれました。
初診日が20年前ということで初診日の証明が難しい部分もありましたが、
何とかすることができました。
診断書も障害認定日と現在の2枚を医師に作成してもらえたため、
過去に遡って申請を行いました。
ただ、障害認定日の時点では現在よりも症状が軽かったため審査に通らず、
将来に向かってのみ年金が認められました。
初診日に国民年金のみに加入していたことから
2級以上でないと障害年金は認められないため、
この結果は妥当なものといえます。
無事に障害基礎年金2級が認められ、
K.Mさんにもお喜びいただけることができました。
 

3.K.Mさんの夫、K.Hさんの声


以前は病気に対処することに加え、
経済的な問題も抱えていました。
母親がインターネットで全国障害年金パートナーズを見つけ、
相談してみるよう勧めてくれました。
最初は障害年金に関する知識も自分なりに調べていたのですが、
初診日が昔(20年前)すぎて確定できないだろうと
あきらめていました。
全国障害年金パートナーズに障害年金の無料判定を依頼すると
少し壁が低くなったように感じました。
また、専門家の手を借りることで
「どうせ無理だろう」
と考えていた点もクリアできるかもと考えるようになりました。
実際に障害年金の受給代行を依頼してみて、
順番に「すべき事」「行くべき窓口」を指示していただいていたので
スムーズに動けました。
ありがとうございます。
ub_117kh




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける