うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

友人の紹介で障害年金受給代行を依頼しました!(兵庫県のS.Aさんの事例)

1.基本情報


氏名:S.Aさん
年齢:30代
性別:女性
都道府県:兵庫県
病名:統合失調症
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:障害基礎年金2級
年金額:約100万円
 

2.事例


夫との結婚を親から反対されていたことなどが
ストレスとなっていたS.Aさん。
しだいに不眠・吐き気・食欲不振・希死念慮・イライラ・多弁・多動・
無関心・無感動・意欲減退といった症状が現れました。
あるとき丸四日間眠ることができず、
ご飯も食べられなくなったため
病院を受診しました。
最初は双極性障害と診断されていましたが、
・壁に虫がはっている
・天井に蛇が見える
・キリストや日本兵が見える
・デーモンが乗り移った
といった幻覚や幻聴といった症状が現れ、
統合失調症と診断されました。
症状が悪化しているときは入院して
隔離病棟で手足を拘束されて治療していました。
最初の通院から4年ほど経っても病気は良くならず、
夫も退職して妻の介助に専念するようになりました。
S.Aさんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は配膳から片付けまで夫が行う
●入浴は3日に1回程度だが、何度も促されてようやく入る
●部屋の掃除はうつ状態時は行えず、躁状態時は過剰に行う
●買物に一人では行けず、金銭管理能力もない
●通院にも夫の付き添いが必要で、薬の管理も夫が行っている
●うつ状態時は人と話せず、躁状態時は多弁となる
●対人恐怖から、電車やバスには乗れない
●車の運転もできない
●希死念慮が強く、自殺未遂や自傷行為がある
●外出できないため、社会的手続きは行えない
●新聞や本を読むのも難しくなった
障害年金については、
最初自分たちで請求したものの不支給となりました。
その後私たち全国障害年金パートナーズの他のお客さんから
紹介を受け、私たちに相談がありました。
私の方で不支給の原因を調べたところ、
審査の厳しい兵庫県であることと、
医師の診断書が若干軽めに書いてあることが原因と分かりました。
そこで改めて医師に適切な診断書を書いてもらい、
再度障害年金を請求し、無事に2級が認められました。
 

3.S.Aさんの夫、S.Kさんの声


妻の精神病が原因で仕事を退職したが、
その後も定職に就くことができず、
親族にも頼ることができない状態で
生活費をどうしようか悩んでいました。
友人の●●さんの紹介で
全国障害年金パートナーズを知りました。
1回目の請求が不支給となった後すぐに紹介されましたが、
依頼しても無理だろうとあきらめていたので
しばらくは依頼しませんでした。
生活が変わらず大変であったことと、
兵庫県の障害年金支給率が低いことを新聞で取り上げられていたので、
その基準が変わるかもしれないと知り、
全国障害年金パートナーズへ依頼しました。
親切丁寧に対応してもらい、
手続きもスムーズに行えて良かったし、
結果支給されたので本当に良かったと思っています。
障害年金が支給されることとなり、
妻も喜んでおり、精神的に安心しています。
次回の更新の時がどうなるか不安もありますが、2年間は安心です。
ありがとうございました。
uv_124sa



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける