うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

申請手続きを知り、自分ではとてもできそうにないと思いました!(愛知県のS.Yさんの事例)

1.基本情報


氏名:S.Yさん
年齢:30代
性別:女性
都道府県:愛知県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:障害年金3級
年金額:約60万円
 

2.事例


前職者からの引継ぎがない中で入社したことで、
新しい職場環境がストレスとなっていたS.Yさん。
仕事も忙しく、
しだいに憂うつ・めまい・食欲不振・涙が出る
といった症状が現れました。
その後複数の病院を転院しながら治療を継続していましたが、
10年経っても症状は良くなりません。
仕事も体調悪化で長続きせず、
転職を繰り返していましたが
数ヶ月前から働けない状態が続いていました。
S.Yさんさんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は自分では作れず、すべて家族が用意している
●入浴は週に1回、着替えも同様
●部屋の掃除は行えない
●一人で買物もできない
●電話では話ができるが、対面での会話は困難
●人と関わろうとすると不安・動悸・手の震え・足のすくみがある
●社会的手続きは家族に付き添ってもらう必要がある
2級と3級の間くらいの状況でしたが、
3級が認定されました。
 

3.S.Yさんの声


自分で障害年金の申請をするか、
代行をお願いするか悩んでいました。
インターネットで精神障害に強い社労士を探していて
全国障害年金パートナーズにたどり着きました。
お話を伺って、すぐに障害年金受給代行を依頼しました。
申請手続きを知り、自分ではとてもできそうにないこと、
お話しから70%くらいの確率で年金が受給できると伺い、
依頼を決めました。
自分でやらないといけないこともあり、多少大変でしたが、
質問にもていねいに答えてくださり、
書類の提出までしっかり自分の意見・状態をお伝えして
反映していただけて、とても良かったです。
この度は本当にありがとうございました。
快復するのが一番ですが、
もし良くならなかったら更新時にも
またお願いしたいと思っております。
uv_127sy



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける