うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

レディー・ガガ、現在進行形でうつ病薬を毎日使用していることを激白!


gaga
2013年末のツアー中にうつ病を患っていることを告白したレディー・ガガですが、
イギリスのツアー中にステージ上で、自殺未遂をはかったファンからの手紙を
読み上げ、「私も毎日うつ病の薬を常用しているの。自分を痛めつけるのに
慣れているわ。なんで幸せを感じることができないんだろうと悩んだけど、
私はそういうふうに生まれてきたわけだし、なかなか明るい未来が見えない人
もいるわよね。でもうつはもっとシリアスにとらえられるべき問題よ」
とファンに語りました。
レディー・ガガといえば派手な服装やパフォーマンスが有名ですが、
チャリティー活動も積極的に行っていることが知られています。
エイズ撲滅運動や、いじめ撲滅運動、貧困・ホームレス問題の支援
などを行っています。
また、2011年に発生した東日本大震災のときには、
ガガは即座に「WE PRAY FOR JAPAN 日本の為に祈りを」とデザインした
ブレスレットを作成し販売しました。
「収益はすべて日本に寄付する。モンスターたちよろしく」
と自身のツイッターでコメントしました。
ガガのデザインしたブレスレットは2週間で1億2000万円以上売上げ、
その全額が寄付されました。
それ以外に個人的にも1億2000万円を復興支援に寄付しています。
東日本大震災のときには多くの人がボランティアとして
被災地に向かい、復興活動に取り組みました。
この実際に現地に行って自らの体を動かすボランティアは
非常に分かりやすい支援活動で、
日本ではよく知られた支援活動です。
一方、欧米では寄付を中心とした経済的支援が活発です。
チャリティー活動には費用がかかり、
経済面で支援することの重要性が社会的に認知されているからです。
いくら人が集まっても、
物資や移動など様々なものにお金がかかります。
チャリティーには「人」と「お金」が必要となりますが、
人の部分は個人単位のボランティアで、
お金の部分は著名人や企業が行うといった住み分けができているようです。
レディー・ガガの活動に敬意をもちつつ、
ガガのうつ病が改善することを願います。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける