うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病は薬を飲んでいれば自動的に治るというような単純なものではありません

55371f55583ce37527c0e46c622ebeef_s
うつ病は、ストレスを心が受けて脳に発症した心身症
といわれています。
抗うつ剤など、うつ病に効く薬は多数出回っていますが、
薬の効果だけを見てうつ病を判断するのは危険です。
なぜなら、うつ病という病気は患者が抱えているストレスや
生活環境といったことも密接に関わっているため、
薬の効果だけで判断すると病気の回復が遅れてしまうことが
あるからです。
うつ病の治療には、次の三つの視点が重要です。
①投薬の効果
②どのような心理的ストレスを受けているか
③生活環境や生活状況
これら三つを総合的に見てうつ病の治療を判断する必要があります。
どれか一つだけに囚われていてはいけないのです。
しかし、実際のうつ病の治療にはこれら三つの視点を
総合的に見れていないケースがあります。
心療内科や精神科の先生は多くの患者を抱えていて、
とても多忙です。
そのため、①の投薬の効果を中心に治療方針や回復の判断をしてしまう
ことがあるのです。
その結果、安易に復職を許可してしまい、
結局うつ病が再発してしまい再度休職してしまうことだって起こっているのです。
このような状況がうつ病の治療が長期間かかる要因の一つとなっているのは
悲しい事実です。
あなたの主治医は上記①の投薬の効果にばかり目がいっている
ということはありませんか?
上記②どのような心理的ストレスを受けているか
上記③生活環境や生活状況
にも目を配っている先生は信頼できる先生だと私は思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける