うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病の薬には、大きく分けて二つの種類があります


b578ed8844b706627041f6958880c33f_s
 
うつ病を治療する場合、多くの治療法がありますが
最も活用するのが投薬療法です。
この投薬療法ではうつ病の症状や治療がどの段階にあるのか、
といったことを考えながら、
様々な薬の中から服薬する薬を選ぶことになります。
薬の種類は多種多様ありますが、
大きく分けると次の二種類に分類することができます。
 

1.うつ病者の意欲を高める薬


ドーパミンの働きを活発にしてノルアドレナリンの濃度を高めたり、
ノルアドレナリンの再取込を阻害してその働きを強める薬です。
この系統の薬を使用すると、鬱病患者の意欲を高め
一時的にですがエネルギーが湧いてきます。
うつ病が大方回復し職場復帰が近いときなど、
病気は治りつつあるけどもう一歩踏み出せないというときなどに
背中を押すための薬として活用されます。
そういえば、手塚治虫原案・監督のアニメ、『青いブリンク』で
雷獣のブリンクが主人公のカケルに「カケルくん勇気をあげる!」
といって電球を射出して勇気を与えるシーンがあったのを
思い出しました。burinku
うつ病の意欲を高める薬は、ブリンクの電球のような効果が
あるのかもしれません。
※実際にはブリンクの電球には勇気を与える効果はなかったので、
プラシーボ(偽薬)効果といった方が良いかもしれませんが・・・
 

2.うつ病者の精神を安心・安定させる薬


副交感神経の働きに関係するセロトニンの再取込を阻害して
セロトニンの働きを強める薬です。
この系統の薬を使用すると、不安が和らいだりよく眠れるように
なります。
うつ病の治療には絶対的な休息が必要ですので、
鬱病治療においてはこちらの薬を使う頻度が多いと思われます。
以上がうつ病の治療で使われる薬の分類に関する説明です。
どちらの薬も鬱病の治療には重要ですが、
薬が与える効果は全く異なります。
治療のどの段階にいるか、目的とする用途は何かといったことに
気を配りながら薬を飲むことが治療の促進につながると思います。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける