うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

犬を飼うことがうつ病予防に効果的な2つの理由


542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬ってかわいいですよね。
あの愛くるしい姿に元気があって人なつっこい性格、
とても癒やされます。
犬を飼うことは、
心も体も健康的になり鬱病予防にもつながると言われています。
その理由を2つ紹介します。
 

1.理由①:散歩によって健康的になれる


犬を飼っていると散歩に連れ出さなければなりません。
散歩が面倒と思われるかもしれませんが、
習慣になってしまえばさほど大変ではありません。
散歩が習慣となっている犬の飼い主は、
犬を飼っていない人と比べて運動量が大きくなります。
犬を飼っている人は週平均300分歩いているが、
犬を飼っていない人の歩く時間は週168時間しかない
という情報もあります。
犬の散歩で歩く時間が増えることにより、
運動不足が解決されるだけでなく
太陽の光をたっぷり浴びることも鬱病予防につながります。
 

2.理由②:日々のストレスを軽減できる


犬と触れあうとで孤独感が和らぎ癒やされます。
それによって日々のストレス解消にもつながります。
しかも、犬によるストレス軽減効果は
自宅だけでなく職場でも発揮されるそうです。
米バージニア・コモンウェルス大学のRandolph T. Barker氏らによると、
職場に犬がいる場合、犬のいない人に比べて仕事でのストレスが和らぎ、
仕事への満足度も高くなるということが分かりました。
この話を聞いて、私も犬を飼いたいと思ってしまいました。
ただ、今住んでいるマンションではペット禁止です。
今年か来年にでもペットOKのマンションに引っ越して
トイプードルと生活したいなぁ〜なんて考えています。
私の妻は猫派なので、飼うなら猫が良いともめるのは目に見えていますが・・・
 

3.犬以外の動物ではダメなの?


犬以外の動物でうつ病予防の効果はないのかというと、
そんなことありません
猫だろうとハムスターだとうと、
癒やし効果・ストレス軽減効果はありますので
うつ病予防につながります。
ただ、外に連れ出して散歩できる動物を飼う方が、
運動できるため、よりお勧め度が高いのです。
あと、私が犬派だからです。
猫派の妻とは、テレビの動物番組なんか見てると
犬と猫でどちらが可愛いかでよく言い合いになっています。
どんな動物を飼うにしてもうつ病予防効果はあると思いますが、
動物を飼うというのは命を預かる行為ですので、
きちんと責任をもって飼いましょうね。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける