うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病の治療では、医師が指示した薬をしっかり飲もう | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


3fb0edee08f8f0d3af8509de9aafd47f_s
うつ病は「心の風邪」と比喩されることがあります。
確かに誰でも病気になりうるという意味では
良い例えといえます。
しかし、風邪という表現からうつ病が甘く見られ、
根性で治せると思う人がいるのも事実です。
私の妻もうつ病で病院に行った当初は
「そんなに私を病人にしたいのか」
と言って中々薬を飲もうとしませんでした。
粘り強く説明して納得してもらいましたが・・・
うつ病は脳の神経伝達物質の異常とも言われており、
脳の病気です。
残念ながら気合いや根性で治せるものではありません。
薬を飲まずに治そうと思う理由の一つとして、
「薬への抵抗感」
があると思います。
薬の効果が現れるまでには一定の時間がかかりますし
副作用の問題もあります。
私の妻のように薬を飲むことで病気だと認めたくない、
という人もいるでしょう。
しかし、薬を拒絶しても病気は良くなりません。
服薬を拒否し続けた結果、
病状が悪化し自殺企図に至るというケースも多いのです。
寝たきりの状態になって、
「やっぱり薬を飲んどけばよかった」
と思っても遅いのです。
医師が薬を処方するのは効果があるからです。
もちろん、人によって効果の違いや
効く薬効かない薬ありますので、色々試す必要はあると思います。
しかし、うつ病を治すという意味においては
医師を信じて薬を飲み、その後の経過をしっかり医師に伝えて
あなたに最適な薬を探していきましょう。
【補足】
薬だけがうつ病治療のすべてではありません。
状況によっては薬以外の治療法がより効果を発揮することもありますので
ご注意ください。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!