うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金【うつ病者向け】

うつ病の障害年金を本人が手続きするのはとても困難

うつ病者自身が障害年金の手続きを行うのは色々と困難がつきまといます。 最初の段階で、うつ病者自身が沈みがちで何かをしようとする意欲がないということがよく見られま […]

うつ病者で会社を退職したら障害年金を考えよう

うつ病者の数は、厚生労働省発表によると95.8万人に達し、100万人前後で推移しています。 健康保険に加入している会社員が業務外の傷病で働けなくなった場合、傷病 […]

あなたに最適な障害年金社労士を見つける3つのポイント

別の記事で、障害年金の手続きを進めるにあたって障害年金専門の社労士が頼りになると話しましたが、実は障害年金専門の社労士なら誰でも良いわけではありません。 なぜな […]

うつ病による障害年金は誰を頼れば良いのか

医師や年金事務所、年金の専門家である社会保険労務士でさえ、うつ病による障害年金についてはあなたの役に立つとは限らないということは別の記事でお伝えしたかと思います […]

うつ病による障害年金と日常生活の関係

うつ病をはじめとした精神の障害は多種多様で、その病状も原因が同じであったとしても多様です。 そのため、精神の障害については、具体的な日常生活状況を重視した上で年 […]

障害年金のモデルケース

ここまで障害年金の算出方法について記載してきましたが、モデルケースを用いて年金額の概算を見ていきましょう。 【会社員で初診日に厚生年金加入者であるAさんの場合】 […]

障害手当金の支給額

一時金である障害手当金の支給額は、 (報酬比例の年金額)× 2 となります。 ただし、1,170,200円に満たない場合は、 最低保障として1,170,200円 […]

障害年金でいう初診日って何?

今回は、障害年金の受給要件に深く関わる「初診日」について話をしていきます。 初診日とは、「障害の原因となった傷病について初めて医師の診療を受けた日」をいいます。 […]

【シリーズ誤解④】福祉関係者は障害年金に詳しい?

福祉関係者が障害年金に詳しいというのも、よくある誤解の一つです。 この記事では、市町村の障害者福祉の担当者や生活保護担当者、身体障害者更正相談所・知的障害者更正 […]

障害年金の制度は周知されていない

公的年金ってどういう人がもらえるの? と聞くと、ほとんどの人が「65 歳(60 歳)になったら国からもらえる」と答えます。 最初に障害年金について答える人には出 […]

障害年金といえば身体障害だけでうつ病ではもらえないという思い込み

障害年金の対象者と聞いて思い浮かぶのは、 視覚障害や肢体障害などの身体障害ではないでしょうか。 僕らが障害年金のイメージについて周囲に質問しても、 ほぼ100% […]

うつ病と障害年金のブログ、はじめました!

全国障害年金パートナーズの宮里竹識です。 タイトルにもあるとおり、ブログをはじめました。 今回が第一回です。 日本ではうつ病で悩んでいる人が全国で約100万人い […]

1 2 3 4 5 6 7