うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

クロキサゾラム<商品名:セパゾン>の効果と副作用について | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


この記事では、
クロキサゾラム<商品名:セパゾン>の効果と副作用について
解説します。
 
【商品名】
sepazon
 
 
セパゾン
 
 
 
 
【効能】
クロキサゾラム<商品名:セパゾン>は、ベンゾジアゼピン系抗不安薬で、
気分をリラックスさせたり、
不安や緊張感を和らげる、
寝付きをよくするといった効果があります。
神経症における不安・緊張・抑うつ・強迫・恐怖・睡眠障害や、
心身症における身体症候・不安・緊張・抑うつに
効果が見られます。
また、不安に対する改善効果が優れており、
ジアゼパムより優位な抗うつ効果が認められます。
このクロキサゾラム<商品名:セパゾン>は、
同類薬の中では作用が強めです。
治療効果は、有用例の90%以上で投与開始から1〜2週間で認められ、
効果の発現が早いのも特徴です。
また、薬の作用時間も24時間以上と長いです。
 
【用法】
症状の程度に応じて、1日2〜12㎎を3回に分けて服薬します。
 
【注意点】
重症筋無力症や狭隅角緑内障には
禁忌とされています。
クロキサゾラム<商品名:セパゾン>を服用する際は、
服用前にアルコール依存や他の薬物依存がある場合、
治療における二次依存が懸念されるため、
事前に医師へ相談しておくことが重要です。
また、呼吸器系に病気のある人、脳・心臓・肝臓・腎臓に病気のある人、
妊婦や高齢者の場合も服薬には注意が必要です。
 
【副作用】
クロキサゾラム<商品名:セパゾン>は安全性が高い薬で、
重い副作用はほとんどありません。
ただし、副作用がまったくないわけではなく、
約6%の確率で眠気が、約4%の確率でふらつきが、
約1%の確率で倦怠感が表れると言われています。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!