うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

フルタゾラム<商品名:コレミナール>の効果と副作用について | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


この記事では、
フルタゾラム<商品名:コレミナール>の効果と副作用について
解説していきます。
 
【商品名】
imgres
 
 
コレミナール
 
 
 
効能
フルタゾラム<商品名:コレミナール>は、
ベンゾジアゼピン系統の抗不安薬になります。
緊張や不安、抑うつなどの症状の改善の効果があります。
肩こりや頭痛、倦怠感に対しても効果を発揮します。
また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍や過敏性腸症候群、慢性胃炎にも
効果が期待できます。
ベンゾジアゼピン系統の他の抗不安薬と比較して依存性が少ないことも
ポイントです。
そのため、依存する心配も低く安心して使用できます。
また、フルタゾラム<商品名:コレミナール>は効果が効くのが早いので
すぐに気持ちが落ち着いてくるでしょう。
筋弛緩作用が弱く、転倒などの危険性が少なくなります。
このため、フルタゾラム<商品名:コレミナール>に向いている方は、
最近、症状について気になり始めた、比較的軽めの不安がある、など
の場合でしょう。
この薬を服用して改善できれば、この薬以上に強い効き目のものは
必要ないでしょう。
 
【用法
通常、成人は12~24mgを1日3回に分けて服用します。
症状や年齢によって薬の量は増減します。
 
注意点
重症筋無力症の患者や急性狭隅角緑内障重症の患者は禁忌になります。
肝機能の障害、心臓の疾患、腎臓の疾患を抱えている場合などは
慎重に服用するべきです。
服用の前には必ず、医師に相談しましょう。
アルコールは控えましょう。
フルタゾラム<商品名:コレミナール>服用期間中に
他の薬を飲まなくいけなくなった場合は、自分で判断せずに、
すぐ医師に相談しましょう。
基本的に薬の併用はするべきではないでしょう。
薬の効果が強く出てしまったり、副作用が強く表れる場合があります。
どうしても、他の薬を飲まなくてはいけない場合は、
すぐ医師に相談しましょう。

また、急に服用を辞めると、不安やイライラしたり、けいれん、
睡眠障害などの症状が出ることがあります。

服用する時間、1回の服用する薬の量、服用の回数や服用する期間など
必ず医師の指示に従いましょう。
 

【副作用】
脱力感や、眠気、疲労感、口の渇きなどがありますが、
発症頻度は低いです。
そのため安全性は高いと言えるでしょう。

とはいっても、服用の際には運転など行為は控えましょう。
注意力や集中力の低下といった症状が出ることもあります。
めまいやふらつきなどの
自分では些細なことだと思っても、体調の変化を感じたら
すぐ医師に伝えて指示をあおぎましょう。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!