うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

メキサゾラム<商品名:メレックス>の効果と副作用について | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


この記事では、
メキサゾラム<商品名:メレックス>の効果と副作用について
解説していきます。
 
商品名
images-1
 
 
メレックス
 
 
効能
メキサゾラム<商品名:メレックス>は
心身症における胃潰瘍や十二指腸潰瘍、高血圧、慢性胃炎、過敏性腸症候群
といった身体的症状から、
神経症における緊張状態や不安、睡眠障害、恐怖感、強迫症状といった症状の改善の効果があります。
また、筋肉をほぐす効果があり、腰痛や肩こりの改善の効果があります。
比較的緩やかに効果が表れ、不安や緊張感をやわらげます。
イライラや興奮を抑え、眠気を誘う効果があります。
けいれんの症状を抑える効果もあります。
 
【用法
成人は1.5~3.0mgを1日に3回に分けて服用します。
年齢や症状によって、薬の量は増減します。
医師の指示のもと、用量を守って服用しましょう。
 
注意点
重症筋無力症の患者、急性狭隅角緑内障の患者、
前にこの薬を飲んで湿疹や発疹発熱などの症状が出た場合、
禁忌となります。
他にも肝機能の障害,腎機能の障害や
器質的な脳の障害、呼吸器の疾患など症状を抱えている方は
注意が必要です。
必ず医師の指示のもと、慎重に服用しましょう。

医師に自分の抱えているアレルギーや、持病、
いま現在服用中の薬があれば、あらかじめそのことも伝えましょう。

また、自分の判断で服用をやめるのは危険です。
急にやめると反動で、けいれんや指のふるえ、睡眠障害、妄想、
不安やせん妄などの症状がでることがあります。

そして薬の服用期間はアルコールは控えましょう。
この薬の他に別の薬を飲まなくならない場合は、
面倒だと思っても、必ず医師に相談しましょう。
 
副作用
眠気やふらつき、めまい、集中力、注意力の低下、運動機能の低下、
脱力感、倦怠感、脱力感、
口の渇きといった症状が見られます。
そのため、自動車の運転などの行為は控えましょう。
 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!