うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

デュロキセシン<商品名:サインバルタ>の効果と副作用について

この記事では、
デュロキセシン<商品名:サインバルタ>の
効果と副作用について説明していきます。
 
商品名

 
 
サインバルタ
 
 
 
効能
うつ状態や、うつ病、線維筋痛症による疼痛、
糖尿病精神経障害による疼痛にたいして
改善の効果があります。
やる気がでなかったり、物事に興味がもてない、
集中力がもたない、などの症状を改善したい場合は、
デュロキセシン<商品名:サインバルタ>は、
ぴったりだと言えます。
デュロキセシン<商品名:サインバルタ>は飲み始めて
大体1週間ほどで効果があらわれます。
そのため、効果を実感するのが、比較的早いです。
他の抗うつ薬は2週間以上で効果を感じられることが多いため、
なるべく効果を早く実感したいという人に向いています。
 
用法
1日1回朝食の後に20mgから飲みはじめます。
その後、1週間以上の間隔を空けて20mgずつ
飲む量を増やしていきます。
また、効果が感じられない場合は、
1日60mgまで増量することができます。
通常、飲む量は40mgとなります。
症状によって飲む量は増減します。
 
注意点
前にこの薬を飲んでアレルギー反応などの、
症状が出たことがある場合、
モノアミン酸化酵素阻害薬を服用中や
服用をやめて2週間以内の場合は禁忌です。
また、症状が悪化することもあるので、
肝機能に障害を抱えている患者や
腎機能に障害を抱えている患者、
閉塞隅角緑内障の患者も禁忌です。
もちろん、モノアミン酸化酵素阻害薬との併用も
禁忌とされています。
アレルギーや、持病など抱えている場合、
医師に必ず相談しましょう。
抱えている病気によっては症状を悪化させるおそれがあり、
危険です。

自分の判断で、服用を中止するのは止めましょう。
頭痛や、吐き気、下痢や不眠といった症状がでることが
あります。
このような症状が見られたら、
すぐ医師に 相談しましょう。

また、デュロキセシン<商品名:サインバルタ>は、
腸で溶けるようにつくられているので、噛んで飲むのではなく、
水でそのまま飲んでください。
飲んだあとに気分がすぐれないときは、
放っておかずに、医師に相談しましょう。
服用中はお酒など、アルコールは控えましょう。
 
副作用
基本的には安全性の高い抗うつ薬ですが、
ねむけや、口の渇きや、睡眠障害、倦怠感、
めまい、下痢、便秘、食欲不振といった症状が、
あらわれることがあります。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける