うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

トリミプラミン<商品名:スルモンチール>の効果と副作用について

この記事では、
トリミプラミン<商品名:スルモンチール>の
効果と副作用について説明していきます。
 
商品名

 
 
スルモンチール
 
 
 
効能
うつ病、うつ状態を改善する効果があります。
三環系抗うつ薬のひとつです。
落ち込んだ気分や不安感、焦燥感や何もする気がおきないなどの
うつ病の症状を和らげる効果があります。
 
用法
通常、成人は、うつ病やうつ症状に対して、
1錠25mgを2~6錠を朝と夕方の2回に分けて服用します。
症状や年齢によって、薬の量は増減します。
医師の指示のもと、正しく服用しましょう。
 
注意点
効果があらわれるまでに大体一ヶ月ほどかかります。
なので、自分の判断で服用を中止しないでください。
自分の判断で服用をやめると、体の具合が悪くなるなど、
症状が悪化することがあります。
服用を中止する場合は、医師の指示のもとで様子を見ながら
慎重に薬を減らしていきましょう。
薬の量を増やしたときや、飲み始めたときなどは、
気持ちが高ぶって落ち着かなかったり、
イライラして衝動にかられるなどの症状があらわれること
があります。
このような精神的な症状が出てきたら、
すぐに医師に連絡をして指示をもらいましょう。
トリミプラミン<商品名:スルモンチール>を含む、
三環系抗うつ薬は、他の抗うつ薬と比べても、
末梢性抗コリン作用や心毒性などの強い副作用が
でることがあり、問題になることもあります。
飲み忘れなどを防ぐためにも、家族にも症状を伝えておく
ことが望ましいです。
手のふるえ、動作が遅くなるなどの症状がでる場合があります。
自動車の運転など危険な行為は控えましょう。
心筋梗塞の症状が回復に向かっている場合や、
緑内障の患者、尿閉の患者は禁忌となります。
おしっこが出ずらい場合や、心臓に疾患のある患者、
てんかんを抱えている患者、便秘、自殺したい気持ちを
抱えている患者は慎重に服用する必要があります。
 
副作用
副作用として、めまい、口の渇き、ねむけ、立ちくらみ
といった症状がでることがあります。
ひどいときはすぐに医師に相談しましょう。
また、おしっこが出ずらくなったり、目がかすんだり、
動悸などの症状がでることもあります。
重い副作用では、麻痺性イレウスや、せん妄、錯乱、
現実ではない音や声がきこえるといった症状が
あらわれることがあります。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける