うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

フルボキサミン<商品名:デプロメール>の効果と副作用について

 

 
 
 
 
 
 
この記事では、
フルボキサミン<商品名:デプロメール>の
効果と副作用について説明していきます。
 
商品名

 
 
デプロメール
 
 
 
効能
うつ状態やうつ病、社会不安障害、
強迫性障害にたいして改善の効果があります。
ほかの抗うつ薬に比べて、
口の渇きや、便秘、
ねむけ、立ちくらみ、目がかすむ
といった抗コリン性作用が少ないので、
安全性が高いです。
 
用法
うつ病にたいして、通常、成人は
1日50mgを朝と夕方の2回に分けて服用します。
また、症状や年齢によって薬の量は増減します。

 
注意点
フルボキサミン<商品名:デプロメール>と
ほかの薬との飲み合わせに注意しましょう。
すでに飲んでいる薬がある場合、必ず医師に報告しましょう。
薬物相互作用といって、薬の効果が弱くなってしまう場合や、
逆に薬の効果が強くなったり、副作用がでる場合があります。
副作用がでないか確認しながら、少しの量から
飲み始めます。
効果が感じられる量まで慎重に増やしていきます。
肝臓や、腎臓が悪い患者、脳に器質的な障害を抱えている患者、
躁うつ病や、衝動的になりやすい症状を抱えている患者は
注意しながら飲んでいきましょう。
薬の効果があらわれるまでに2週間以上かかることもあるので、
焦らず、医師の指示のもと飲みましょう。
飲み始めは吐き気などの副作用があらわれることがあります。
大体2週間くらいほで軽くなっていきます。
とはいえ、違和感を感じたら、すぐに医師に相談しましょう。
ねむけなどの症状があらわれることがあります。
自動車の運転などの危険な行為は控えましょう。
 
副作用
ほかの抗うつ薬に比べて、副作用が少ないので、
安全性の高い薬ですが、副作用がでることもあります。
主な副作用としては、食欲が少なくなったり
吐き気や口の渇き、ねむけ、イライラ感、
めまい、頭痛、倦怠感、体のふるえ、性欲低下、
おしっこが出にくかったり、動悸、頻脈、目がかすんだり、
発疹、かゆくなる、興奮状態、混乱、発熱、発汗、
便秘や血圧が上がる、せん妄や錯乱、幻覚といった
現実にはそこにはないものが見えたり、
現実にはきこえない音や声が聞こえる症状が
あらわれることがあります。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける