うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

マプロチリン<商品名:クロンモリン>の効果と副作用について

 

 
 
 
 
 
この記事では、
マプロチリン<商品名:クロンモリン>の
効果と副作用について説明していきます。
 
商品名

 
 
クロンモリン
 
 
 
効能
うつ状態、うつ病に対して改善の効果があります。
マプロチリン<商品名:クロンモリン>は、
四環系抗うつ薬に分類されます。
四環系抗うつ薬は、持続時間が長く、副作用が軽いという
特徴があります。
やる気がでなかったり、焦燥感や不安感を感じたときに、
服用しやすいのがメリットです。
マプロチリン<商品名:クロンモリン>は、
比較的緩やかに効果が表れます。
 
用法
通常、成人は、
1日30~75mgを3回程度に分けて服用します
また、症状や年齢によって飲む量は増減します。

医師の診断のもと服用しましょう。

 

注意点
服用中はアルコールを控えましょう。
薬の効果が出すぎることがあります。

めまい、ねむけといった症状が出ることがあります。
自動車の運転などの危険な行為は避けましょう。

マプロチリン<商品名:クロンモリン>を服用中に、
別の薬を飲まなければいけない場合は、必ず医師に相談しましょう。

少しずつ、緩やかに効果が表れるので、
自分には効いていないんじゃないか?
と思うことがあるかもしれません。
ですが、自分の判断で飲むのをやめるのは危険です。
離脱症状といって、眠れなくなったり、頭痛といった症状が
みられることがあります。
飲む量が気になったり、マプロチリン<商品名:クロンモリン>の
効果があまりみられないと思ったら、まずは、医師に相談しましょう。
服用する際は、飲み続ける期間、飲む量、飲む回数など、
医師の指示のもと服用しましょう。
また、自分の判断で、飲む量を減らす、あるいは増やす、
といったことは控えましょう。
 
副作用
発疹や、呼吸困難、意識障害、脱水症状、
血圧の上昇や血圧の降下、起立性低血圧、
不整脈、頻脈、失神、口の渇きや便秘、
おしっこがでづらきなったり、発熱、
倦怠感、めまい、ふらつき、発汗、脱力感、
頭痛、運動失調や幻覚、気持ちが乱れて混乱、
せん妄、といった副作用がでることがあります。
このような症状があらわれたら、服用を中止して、
すぐに医師に相談しましょう。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける