うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ニトリのトイレに隠された驚くべき秘密


From:宮里竹識
つくばの自宅より、、
この前ニトリに行ってきました。
食器や小物入れ、タオル、フライパン、カーテンなど、
色んなものを買いました。
私一人だとあまり買物をしないので、
妻に任せて選んでもらいました。
やっぱにニトリは安くてオシャレなものが多くて良いですね。
そんなニトリですが、
トイレに入ったときにちょっと驚いたことがありました。
これがニトリの男子トイレの写真です。

一見何の変哲もない男子トイレですが、
驚くべき秘密がありました。
それは何だと思いますか?
ちょっと考えて見て下さい。
















それでは答えを発表しますね。
ニトリの男子トイレの秘密、
それは便器の前の段差です。
もう一度トイレの写真を見て下さい。
ちょっとした段差があるのが分かりますよね。

この段差、
邪魔だと思いませんか?
でもこの段差を設けたことで、
男子トイレのある悩みが解決されるのです。
その悩みとは、
”尿の飛び散り問題”
です。
男性なら分かると思いますが、
男の尿って思いのほか周囲に飛び散るのです。
便器の外に尿が飛び散っているなんて、
公衆トイレではよく見る光景なのです。
その飛び散りを少しでも防ぐために
「もう一歩前に出てください」
なんて張り紙がトイレの前に貼ってあったりするくらいです。
でも人間は他人の言うとおりには動きません。
こんな張り紙一つでは、
尿の飛び散り問題は解決されなかったのです。
そこでニトリのトイレが驚くべき工夫をしたのです。
それが便器の前に段差をつけるというものでした。
この段差が絶妙な位置に設置されています。
段差の下の段に立つと便器が遠くなり、
段差をまたぐように立つと体のバランスが崩れます。
そのため、
段差の上の段に立つようにして用を足すのですが、
この位置が絶妙で尿の飛び散りが押さえられるくらい
便器に近いのです。
結果、男性トイレの尿の飛び散り問題が解決されたというわけです。
ちょっと熱く語ってしまいましたが、
ニトリのトイレの工夫がすごいのは、
お客さんにお願いして便器の前に立ってもらうのではなく、
尿の飛び散りが発生しない”仕組み”を作ったことです。
人間は意思の弱い生き物ですし
これまでのやり方を変えることも中々できない生き物です。
だからこそ、
お願いして行動を変えてもらうよりも
自然と行動が変わる仕組みを作ることが大切なのです。
仕組みを作ることで目的を達成することが容易になるのです。
それは、障害年金においても同じことがいえます。
障害年金の申請をする人は、
自分が審査に通るためにどうすれば良いか
ということを考えて行動します。
その考え自体は間違っていないのですが、
何が正解なのかを判断して行動に移せる人は少ないです。
まぁ、うつ病で理解力や判断力、行動力が低下している状態ですから、
正しい行動が取れないのも、当然といえば当然かもしれません。
だからこそ私は、
うつ病での障害年金において
成功率を高めるための仕組みを作りました。
この仕組み作りは最初から上手くいったわけではありません。
もちろん失敗もしました。
トライ&エラーのくり返しです。
それでもめげずに改善を繰り返しました。
エジソンだって、
電球を発明するまでに1万回も失敗しているのです。
でもエジソンは失敗したとは言わず、
「1万もの成功しないやり方を見つけたのだ」
と言ってのけたのです。
私も負けてはいられません。
うつ病での障害年金の成功率を高めるための仕組み作りを続けました。
失敗ではなく、
この方法では成功しないというやり方を多数見つけ、
そしてついに秘密の仕組みが完成したのです。
この仕組みが完成して以降は、
かなり高い確率で障害年金が成功しています。
この仕組みは、
私がうつ病による障害年金を専門にしているからこそ
作り上げることができました。
”どんな病気やケガでも対応しますよ”
と言っている社労士さんではこの秘密は見つける事ができないと思います。
この障害年金を成功させる秘密の仕組み、
さすがに詳細をお伝えすることはできません。
私のブログは、
競合の社労士さんも多数チェックしていますので・・・。
でも私が作り上げた仕組みについて、
その詳細をあなたが知る必要はありません。
だって、
私に障害年金の受給代行を依頼すれば
あとは私が動くだけだからです。
あなたがやることなんて、
私の作った書類の内容確認や書類にハンコを押す
といったことがほとんどで、あとは待ち時間です。
あなたが見ていないところで私が動いていますので、
安心して休んでいてください。
私たち全国障害年金パートナーズは、
月に10名しか依頼を受けていませんので
迷っているなら早めに連絡ください。
 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける