うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ミスなんてどうにでもなる!

From:宮里竹識
つくばエクスプレスの電車内より、、
いや〜、久しぶりに凡ミスをしてしまいました。
どういったことかお話ししますね。
法人を作ると健康保険や厚生年金といった
社会保険に加入しなければなりません。
私たち全国障害年金パートナーズも8月に法人となったため、
社会保険に加入する必要があります。
この社会保険の加入は、
事業を開始してから5日以内に行わなければなりません。
8月1日に法人を設置し、
今日は9月3日なので大幅に手続きが遅れています。
とはいえ仕方がないのです。
だいたい法人登記を行ってから登記簿を取得できるようになるまで
1週間から十日程度はかかります。
その時点で事業開始から5日以内に
社会保険の手続きをするなんて無理なんです。
登記簿以外にも用意しなきゃいけない書類もあり、
ようやく準備ができたので本日年金事務所に行ってきました。
年金事務所の調査課へ行き、
「社会保険の新規加入手続きをお願いします」
と言って書類を渡します。
快く書類を受け取ってチェックをしてくれた年金事務所に職員ですが、
急に微妙な顔つきになってこう言いました。
「すみません、提出する年金事務所が違うんです」
!!!!
言われた瞬間に私も気がつきました。
全国障害年金パートナーズは秋葉原に事務所があるので、
管轄の千代田年金事務所に書類を提出しなければなりません。
しかし私が来たのはなぜか中央年金事務所。
提出先を間違えるという凡ミス。。。
「いや〜、間違えました。千代田年金事務所に行ってきますね」
と言って中央年金事務所を出て行きます。
年金事務所の職員も優しい眼差しで見送ってくれました。
その後千代田年金事務所に行って手続きを行い、
無事に社会保険に加入することができました。
さて、
今回私は社会保険労務士として恥ずかしい凡ミスをしてしまいましたが、
何ら気にしていません。
なぜなら、
ミスなんてものは誰にでもあると思っているからです。
それに私が書類を提出する年金事務所を間違ったところで
誰かに迷惑がかかるわけではありません。
正しい年金事務所に行けば良いだけです。
大抵のミスは、
ミスったところで大したことはないのです。
ミスをしたって死ぬわけじゃありません。
ほとんどのミスはどこかで挽回することができます。
これは私だけでなく、
あなたにも当てはまるはずです。
今うつ病で苦しんでいるあなたも、
きっと何かのミスをしたことがあるはずです。
自分の選択や行動に後悔し、
今もフラッシュバックに悩まされているかもしれません。
でも、あなたのミスを覚えている人なんてほとんどいません。
人間なんて自分中心の生き物ですので、
あなたのことより自分のことばかり考えているはずです。
自分が行動を誤ったことで誰かに大きな迷惑をかけてしまったことがあるかもしれませんが、
その人は今頃美味しいパフェを食べながら満足げな顔をしているかもしれませんよ。
そう考えれば、
ミスを気にしているのは自分だけだと思えませんか?
もう少し気楽に生きても良いんです。
とはいえ障害年金については
ちょっとしたミスが命取りになる場合もあります。
年間で58万円〜250万円ほどの金額を受け取れる障害年金も、
失敗してしまえばゼロです。
何も手に入りません。
なので、
日々の小さな失敗は気にせず
障害年金のようなミスできないことは専門の社労士に依頼してください。
私たち全国障害年金パートナーズは、
日本で”唯一のうつ病による障害年金専門”の社労士事務所です
きっとあなたの経済的不安を解消できるはずです。
まずはあなたが障害年金を受け取れるか無料で判定しますので、
判定を受けてみてください。
今一歩を踏み出せるかどうかが、
あなたの人生を左右するかもしれません。
いますぐ行動してください。
 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける