うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

契約違反の通知が届きました!

From:宮里竹識
世田谷の自宅より、、

2019年5月16日の朝、
家のポストを空けると不動産会社から
お手紙が来ていました。

封筒を開けて中を見てみると
「お知らせ」
と書かれたこんな紙が入っているではありませんか。

重要な部分を抜粋するとこんか感じです。

 

先日、当物件のゴミ集積所にペット用品の
ダンボールが捨てられておりました。

当物件はペット飼育禁止となっており、
契約違反となります。

もしご存じの方がいらっしゃいましたら、
ご連絡をいただけますようお願い致します。

 

 

どうやら入居者全員にお知らせを配布しているようです。

私の部屋の近くからはペットの鳴き声なんかは聞こえませんので、
別の階や離れた部屋の人がペットを飼っているのでしょう。

鳴き声や臭いで周りに迷惑になるようなペットであれば、
おそらく近隣住民の通報で違反者が明らかになり、
マンションを追い出されることでしょう。

やってはいけないことをやったのですから、
仕方ありません。

ちなみに隠れてペットを飼っていたのは
私じゃありませんよ、
念のため・・・。

さて、世の中にはルールというのがたくさんありますが、
その全てを守らなければならないのでしょうか?

色々意見はあると思いますが、
私個人は状況によってはルールを破っても良いと思っています。

例えば、
明らかに人や車が通っていない場所での赤信号です。

信号は人や車が安全に
安心して通行するためのルールです。

安全・安心がルールの目的なのです。

なので、
人や車が通っていないのが明らかであれば
赤信号で進んでも安全・安心は守られます。

ルールが作られた目的を考え、
問題ないと判断できればルールを守らないこともあります。

あと、誰にも迷惑をかけないことが明白な場合なんかも同様です。

逆に言うと、
ルールの目的を損なう場合や
誰かに迷惑をかけるのであれば
ルール違反はNGです。

障害年金の不正受給なんか、
ダメ絶対です。

不正受給が増えれば、
私たちが払った年金や税金が
不適切な人に使われてしまいます。

さらに、
障害年金の審査も厳しくなっていき、
本来なら年金を受け取れるはずの人が
不支給になってしまうことだってあり得ます。

そんなの許せないですよね?

だから私たち全国障害年金パートナーズは
障害年金の不正受給には絶対に協力しません。

1年間でのべ3千人ほどの人をサポートしているので、
たまに変な人からの相談がくるので
こんな話をしました。

うつ病で苦しんでいて障害年金が必要な人に私の時間を使い、
病気を偽って不正に年金を受け取ろうとする輩は通報したいと思います。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける