うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

売れないマジシャンが大成功した秘訣!?

From:宮里竹識
渋谷のスタバより、、

どの業界もそうですが、
成功する人は一部でほとんどの人は失敗に終わります。

起業しても10年後に存在している会社は4%だけで、
96%は10年以内に廃業するという統計データもあるくらいです。

それはマジシャンの世界も同様です。

1899年の春、
アメリカのミネソタ州のビアホールに
苦しい生活をしているハリー・フーディーニという
無名のマジシャンがいました。

この無名のマジシャンは才能もあり努力もしていましたが、
まったく成功できずにいました。

まぁ、マジシャンに限らず実力もあって努力もしているのに
芽が出ない人ってたくさんいますよね。

さて、今回のフーディーニは最終的には大成功したのですが、
どうやってアメリカンドリームを手にしたのでしょうか?











それでは正解です。

無名のマジシャンが成功した秘訣は、
他のマジックは一切行わずに
”手錠を外して脱出する”ことだけに集中したことにあります。

マジックといっても色んなものがありますよね。

ハトが飛び出してくるものや、
観客が選んだトランプの絵柄を当てるもの、
空中に浮いたり箱に入って刃物を刺すものなど
色々あります。

普通の手品ショーでは
一つでも多くのマジックを披露することが求められます。

その方が観客からも注目され、
マジシャンの評価も上がるからです。

しかしこのマジシャンは普通と逆の道を行きました。

手錠脱出マジックなんて珍しいものではなく
他のマジシャンも行っていたものです。

でも彼は手錠脱出マジックだけに集中することで
そのマジックを最高レベルにまで引き上げました。

様々な脱出マジックを開発し、
クレーンに吊り下げられて拘束衣を着た状態での
脱出マジックなどはメディアでも紹介され、
彼は一躍有名人となりました。

その他にも、
脱出不可能といわれる刑務所の独房に入り、
そこから見事に抜け出すなんとこともして注目を浴びています。

「手錠脱出の王様」呼ばれるようにまでなり、
マジシャンとしても大成功を収めたのです。

色んなことができるというのはたしかに素晴らしいものです。

でも、
フーディーニのように何か一つを極めるというのも
素敵なことだと思いませんか?

私たち全国障害年金パートナーズも同じことをしています。

普通の社労士さんの場合は、
他の業務をしながら障害年金を片手間に行っています。

一部の社労士さんは障害年金だけを業務として行っていますが、
すべての病気やケガに対応しています。

ただ、病気やケガごとに認定基準が異なる障害年金、
すべてをマスターするのは至難の業です。

一方、
私たち全国障害年金パートナーズは
うつ病による障害年金を専門にしています。

社名に”障害年金”とついていますので、
障害年金以外の仕事は入ってきません。

それにうつ病専門でやっていることから、
身体障害や知的障害の依頼が来ても断っています。

マジシャンのフーディーニが手錠脱出マジックに特化したように、
私たちは”うつ病の障害年金”に特化しています。

障害年金の中でも
うつ病は最も審査が難しい病気です。

本当に難しい手続きですが
価値ある仕事だと思っています。

実際、
うつ病での障害年金のサポート件数は
間違いなく私たちが日本一です。

誰にも負けないという自負と自信があります。

もしあなたがうつ病で苦しんでいて、
1年6ヶ月治療を続けていても働けない状態が続いているなら、
障害年金を受け取れる可能性があります。

とはいえ非常に難しい手続きです。

失敗すれば何も手に入りません。

少しでも成功率を上げたいと考えるなら、
ぜひ全国障害年金パートナーズに依頼してください。

あなたからの連絡を待っています。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける