うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うるさいセミの音も聞こえない!?


From:宮里竹識
千歳烏山のシャノアールより、、

今年の夏も終わりに近付いてきていますが、
まだまだ熱いですね。

気温も普通に30度を超えています。

そして夏の風物詩ともいえるセミの音。

場所にもよりますが、
セミの声はかなり騒々しいですよね。

うちの事務所も近くに公園があり、
そこではセミが元気に鳴いています。

元気すぎているからか、
セミの音が邪魔して会話するにも支障がでるほどです。

そんなうるさいセミの音ですが、
ある状況下では音が全く聞こえなくなるのです。

それは何かというと、
スマホを通すとセミの音は相手には聞こえない
というものです。

セミがミンミン鳴いていて騒がしいところで電話しても、
電話の相手にはセミの音は全く聞こえないのです。

なぜそうなってしまうのでしょうか?

もちろん理由があります。

それは、
スマホは300〜3500ヘルツの周波数の音しか通さないよう設定されており、
セミの音は周波数が4000ヘルツ以上になっているためです。

周波数の高いセミの音はスマホを通さないというわけです。

目の前のセミはこんなにうるさいのに、
電話の相手には全く聞こえないなんて面白いですよね。

このように、
聞こえているはずなのに相手に伝わっていないなんてこと、
意外とある話ですよね。

障害年金だってそうです。

年金事務所に障害年金の相談に行くと、
職員が親切丁寧に制度の説明をしてくれます。

ですが、
専門的な言葉をたくさん使って説明してくるため
専門用語に慣れていない人にはよく理解できないのです。

 

認定日?
受診状況等証明書?
事後重症?
裁定請求?
病歴・就労状況等申立書?

 

普段から障害年金の実務に触れている人なら分かりますが、
普通の人はこのような言葉を聞いてもチンプンカンプンですよね。

意味の分からない言葉を使って説明されても、
内容は正しく理解できないのです。

でもなんとなく分かった気になって
曖昧なまま手続きを進めてしまうという人が多いのです。

それで障害年金が支給されればまだ救われるのですが、
不適切な書類を書いてしまったことが原因で審査に落ち、
何も手に入らないなんてことがよくあるのです。

とくにうつ病で苦しんでいる人の場合、
集中力や判断力も落ちている状態ですし
知らない人と話をするのも大変ストレスになります。

そんな状態で専門用語ばかりの説明を年金事務所にされても
困っちゃいますよね。

もちろん自分で手続きできるのであれば
自分でやった方が良いとは思います。

しかし実際にはできないという人が多いものです。

もしあなたがうつ病で苦しんでおり、
自分で障害年金の手続きをしてみたが難しいと感じているなら、
ぜひ全国障害年金パートナーズに依頼して下さい。

あなたに代わって私が障害年金を手に入れてきます。

障害年金という経済的安心、
少しでも成功率を上げたいのであれば
専門家に相談することをお勧めします。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける