うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分の仕事を過小評価している人


From:宮里竹識
新宿のケンタッキーより、、

ちょうど今新宿のケンタッキーでレッドホットチキンのセットを
食べていました。

私は辛いのがあまり得意ではありませんが、
蒙古タンメンという激辛ラーメンを妻と一緒に行けるよう
辛いものに慣れる訓練をしているところです。

そんなわけでレッドホットチキンを食べてみたのですが、
中々ピリ辛で美味しかったです。

これなら蒙古タンメンも行けるのではと思っているのですが、
妻からは「激辛ラーメンを甘くみるな」という感じで言われています。

辛いものへの道のりはもう少しかかりそうです。

そんなことを考えていた時、
隣のテーブルから話し声が聞こえました。

隣には若い男女が話しており、
男性は20代前半くらいでピアスにネックレスをした
細身のお兄さんです。

中々イケメンだと思います。

向かいに座っている女性も20代前半でしょうか。

こちらも20代前半と思われる美人さんの女性です。

最初はカップルかと思っていたのですが、
なにやら話の内容が怪しかったのです。

「いつからお店入れます?」
「NGなプレイってありますか?」










察しの良い方だったら分かると思いますが、
どうやら夜のお店の面接のようでした。

今私がいるケンタッキーは新宿歌舞伎町とも近いので
こういうこともあるでしょう。

普段は聞くことのない話ですのでぼんやり話を聞いてみることにしました。

すると女性がこんなことを言っています。

「1日○万円以上ほしい」
「週に1回くらいしか出勤したくない」
「△△はいやだ、××もいやだ、、、、」

こんな感じで色んな条件を言ってきたのです。

最初は面接していた若い男性もニコニコしていたのですが、
しだいに顔色が曇ってきます。

一通り女性の要望を聞いた後に
男性の面接官はこう言いました。

「ちょっと厳しいこと言うようだけど、
この仕事を簡単なものだと思いすぎてますよ。
自分の仕事を過小評価しないほうがいいです

この面接官、
中々言いよるな。

たしかに女性の要望はムチャクチャで、
きついことや苦しいことはやりたくない、
でもお金はたくさん欲しいと言っています。

自分の要望を言うだけならタダですが、
世の中そんなに甘くありません。

大きなお金を手に入れるためには
それなりの苦労が必要です。

おそらくこの女性、
自分の仕事は難しいものではなく楽にできるものだと感じていたようですが
そうはいきません。

面接官の男性にも現実の厳しさを教えられていました。

とまぁこんな感じで自分の仕事を過小評価している女性の話をしましたが、
障害年金でも同じようなことはよくみられます。

”自分より軽いあの人が障害年金をもらえてるなら、私も年金を受け取れる”
”最初の病院のことは良く分からないから、今の病院を初診にしよう”
”仕事で大変だったことをしっかり申立書に書いたから大丈夫”

この他色んな理由で自分の障害年金は何とかなると
思い込んでいる人がたくさんいます。

もちろん何とかなるケースもあるのですが、
このまま行くと崖から落っこちますよなんてケースも
多くあるのです。

最近ですと、
自分で障害年金の書類を年金事務所に提出したという女性から
相談がありました。

少し話を聞いてみると、
余計なことを申立書に書いており
審査上不利に判断される内容となっていました。

ただ、今なら年金事務所に書類を提出したばかりということもあり、
書類を返却してもらって修正することが可能です。

今すぐ動くことができれば障害年金を受け取れる可能性を上げられる、
そう説明したのですがその女性は行動に出ませんでした。

この女性の障害年金がどうなるかは分かりません。

無事に審査に通るかもしれませんし、
余計なことを書類に書いたせいで不支給になるかもしれません。

この相談してきた女性は、
おそらくは自分が一生懸命書いた書類だから
役所はしっかり受け止めてくれるだろうなんて考えているようでした。

私に言わせれば
自分の障害年金を軽く考えている、
過小評価しすぎていると言えるのですが。。。

もしあなたがうつ病での障害年金を受けたいと考えているのなら、
自分で手続きするか専門家に依頼するかは
しっかりと検討してください。

障害年金の手続きを過小評価して
”私なら大丈夫だろう”
なんて思うのでしたら自分でやってください。

少しでも成功率を上げたい、
安心して障害年金を手にしたいと考える人なら、
私たち全国障害年金パートナーズに依頼してください。

どの選択肢を選ぶかで人生が変わる、
それくらいの気持ちで障害年金の道を選んでください。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける