うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

今日から身体を温めます。


From:山崎純平
世田谷のカフェより

あなたに誓います。
今日から僕は、身体を温めます。

今年の夏は暑かったですね。
暑いと、冷たいものが欲しくなります。

本能のままに冷たいものを食べ、飲みまくったら、
下痢が止まりません。

そこで、身体を温めるべく、冷たいものを極力とりません!
例えば、
・冷水飲みません。代わりに、ぬるま湯又は白湯を飲みます。
・冷たいそば食べません。代わりに温かいそば食べます。
・アイス食べません。代わりにケーキ食べます。
・トマト食べません。代わりにトマトジュースに飲みます。

いつも、「これをやるぞ」と心の中で、誓っても、ことごとく、続きません。
・筋トレ→3日で断念
・ランニング→2日で断念
・英語→1ヶ月で断念
・サイクリング→1日で断念
・歴史の勉強→0日で断念
・料理→1食で断念
・ストレッチ→2週間で断念
・登山→0日で断念

気が付けば、けっこう断念しています。
しかも、これは繰り返されています。

例えば、筋トレをやるぞ!と意気込んでも、3日で終了。
その半年後、また、筋トレを再開。当然、3日で断念。
そして忘れた頃、またやる・・・
この無限ループをひたすら繰り返していました。

なぜ、こうも断念するのか?
一旦ここで、立ち止まってみました。
次のような理由ではないかと分析しました。

 

①辛いから
②それをやる目的を見失っているから
③効果が感じられないから

 

①辛いから

苦痛は誰しも嫌ですよね。
何でわざわざ、苦しい思いをしなければならないのか。
何事も楽な方法はありませんが、
それをやることで得られる快感が、苦痛を上回れば、続くのではないでしょうか。
例えば、ランニングですが、
走ることは疲れますので、苦痛かもしれません。
でも、走ることで得られる「気持ちいいな」という快感が、その「疲れる」という苦痛を上回ることができれば、その後もランニングを続けることができるのかもしれませんね。

これは、当然、人によって感じ方も違いますし、日によっても感じ方が違うことでしょう。

 

②それをやる目的を見失っているから

なぜそもそも、そのことをやるのか?目的を見失ってしまうと、ただただ、「作業」となってしまい、やる気もいつしか失われてしまうでしょう。
ただ、こなしている状態です。
最初にそれをやろうと思ったきっかけや、動機が必ずあるはずです。
それを思い出すことで、継続をすることができます。

例えば、ランニングですが、「健康になりたい」「もっと痩せたい」「体力をつけたい」という思いがあって、始めたことでしょう。
されに深掘りして、例えば、「もっと痩せたいと思った理由は?」と自問してみましょう。
もっと痩せて・・・
「久しぶりに会う友達を驚かせたい」「婚活パーティーに参加したい」と
より具体的にその将来を描くことができれば、今、行なっていることの意義を見いだすことができるでしょう。
すると、単なる作業ではなく、この行為は、輝かしい未来のためにつながっているのだ!とやる気を上げることができますね。

 

③効果が感じられないから

やっぱり、やるからには、効果を感じたいですよね。
やっていても効果の出ないことは、やりたくないですよね。

その「効果」とは何でしょうか。
きっと無意識に「効果」のハードルが上がっていることはないでしょうか。

例えば、ダイエットをしていて、目標は「10キロ痩せる」とします。
1週間やっても1キロしかも痩せなかった・・・
効果がないのかな?
と思ってしまうかもしれません。

でも、確実に痩せているのなら、たとえ微々たるものであっても、効果が出ている!ということなんですから、自分をほめてあげて下さい。
よくやった!
自分を褒めることで、やる気につながりますし、楽しく続けることができます。

ついつい、効果や目標値が高いと、できているところに目がいかず、できていないところばかり気にしてしまい、気持ちはどんどん落ち込んでしまいます。

あえて、できているところに目を向けてみましょう。
きっと、できているところがあるはずです。

でも、できているところがないこともあるでしょう。
そうしたら、別の方法を考えてやることがいいでしょう。

試行錯誤すれば、きっと、あなたにあった方法があることでしょう。

 

とまぁ、自分なりに分析をしてみましたが、
現実、僕は続いていませんので、説得力がないかもしれませんね。

なので、今回は、あなたに宣言しました。
身体を温めると!

どうしても自分一人ではできないなぁと思いますが、
あなたと約束したら、もしかしたら、できるかもしれません。

やる前から言うのも何ですが、
約束破ってしまうことがあるかもしれません笑

温かく見守ってやってください。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける