うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

スカイツリーに行ってきました!


From:宮里竹識
ソラマチのスタバより、

普段私は仕事ばっかりしている感じですが、
実は仕事よりも家族が大切です。

というわけで、
先日妻の誕生日があったのですが
仕事は午前中で終わらせて午後からデートすることにしました。

向かった場所はスカイツリーです。

まずはソラマチの中に入り、
色んなお店を見て回り、
ウィンドウショッピングを楽しみます。

その後お茶が美味しいと評判のカフェで一休みです。

私は緑茶ラテ、
妻は緑茶のフラペチーノに白玉やごまアイスが乗ったものを堪能します。

一休みした後はまたソラマチのお店を見て回り、
プラネタリウムを見ました。

東京に住んでいるとあまり星を見る機会がないので、
プラネタリウムは別世界にきたように感じます。

そんな感じでスカイツリー周辺をぷらぷらしているうちに
日が落ちてきます。

スカイツリーも良い感じでライトアップされてきました。

 

そして今日のメインイベントのディナーです。

ソラマチの31階にエレベーターで上がり、
とあるレストランに入ります。

お店の人に案内されて席に着くと、
目の前にはどでかいスカイツリーが目に入ってきます。

正に絶景というやつです。

目前に輝くスカイツリーと素敵な夜景に
妻のテンションもアゲアゲです。

 

私は普段はジャンクフードが好きでマクドナルドなんかに良く行くのですが、
今日は妻の誕生日ということでちょっと気合いを入れて
雰囲気の良い店を選びました。

コース料理を満喫したのですが、
どれも美味しかったです。

写真の左側で光っている野菜はバーニャカウダです。

こんな光り輝くバーニャカウダは初めてです。

また、事前に妻の誕生日のことをお店の人に伝えていて、
デザートには「ハッピーバースデー」のメッセージと
お皿に花火をつけてもらいました。

自分一人だったらこんなことは絶対しませんが、
日頃の感謝を妻に伝える良い機会になりました。

妻もとても喜んでくれ、
テンションが上がってお酒を飲みすぎてヘベレケになっていましたが
それも素敵な思い出です。

今後も誕生日や結婚記念日などを使って
感謝の気持ちを妻に伝えていきたいと思います。

 

とまぁ、
こんな感じで私は仕事よりも家族を大事にしています。

この姿勢に対しては賛否あるかもしれません。

身内のことよりも、お客様が優先だろう!

そんな声もあるでしょう。

考えは人それぞれです。

日本国憲法でも、
思想・良心の自由が保証されています。

なので
お客様第一主義の人を否定する気はありません。

かと言って自分の考えを捨てる気もありません。

だから、
お客様である自分のことを何よりも優先しろ!
なんて言う人は私とは合いません。

価値観が合わない人と無理して付き合う必要はありませんので、
そんな人は全国障害年金パートナーズに依頼しないでください。

障害年金はとても難しい手続きです。

うつ病が発症した経緯や日常生活でどんな苦労をしているかなど、
中々人には言えないことも話してもらう必要があります。

でも信頼できない人相手には
そんな話はできないですよね?

そうなると必要な情報が得られずに
障害年金の成功率が下がるんです。

そうなってしまうとお互いに不幸です。

だから、
自分とは価値観が合わないなと感じたら
私には依頼しないほうがいいのです。

逆に、
”仕事より家族優先”という考えに共感してくれるのなら
私とは相性が良いでしょう。

ぜひとも全国障害年金パートナーズに依頼してください。

私たちは、
日本で唯一の”うつ病による障害年金専門”の社労士事務所です。

きっとあなたの経済的不安を、
障害年金を通じて解決できます。

うつ病で苦しんでいて働けない状態が続いており
貯金がどんどん減っていく不安を感じている人、
家族への罪悪感に苛まれている人はぜひ相談ください。

あなたからの連絡を待っています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける