うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

野球を観るとき、プレーを見ますか?


From:山崎純平
越谷のカフェより、、

彼女が大の巨人ファンです。
普段、テンションがそんなに高くない彼女ですが、テレビで巨人戦の野球中継がやっていると、急にテンションがはね上がり、テレビの前にかじりついています。
まるで、子供がアンパンマンのテレビを見るかのように。

話しかけると、「後にして」と冷たい一言。

そんなに面白い?と思ってしまうんです。

思えば、最近、野球をテレビで観ることがないなと思います。
僕が小学生の頃は、毎日、巨人戦が夕方6時50分過ぎから放映されていました。
放映時間の終了は夜の9時までですが、試合が延びて、9時に終わらない場合、放映時間は延長されます。
9時から観たいテレビがあっても、野球のせいで、延長されます。
最悪、観たいテレビ自体が取り消されることだってあります。

金曜ロードショーの開始時間が遅れ、始まった頃には、もう夢の中。

小学生の頃から、野球に対してあまり良いイメージを持っていなかったんですね。
だから、今もあまり野球に興味がないのだと思います。

でも、最近、少しずつ野球に興味を持つようになりました。
その理由が、彼女の影響もあるかもしれませんが、ドラフト会議のドキュメンタリーを観たからです。
そのドキュメンタリーでは、ドラフト会議を待つ高校生、大学生、社会人の選手の過去を放映していました。

病気になった弟のために野球を頑張る兄。
他界した母に野球選手になると約束した長男。

野球をする選手一人一人に、想像もしなかった過去があったのだと知ると、こんなに頑張っているんだから、ぜひプロになって欲しいという思いがこみ上げてきました。
普段は涙を流すことはないのですが、ふと涙がこぼれ落ちそうになることもしばしばです。

それから、野球を見ると、「この選手にもきっと色んな経験をしたんだろうな。」と思いを馳せてしまうのです。
今、プロで活躍をするというのは、どんなにか大変なんだろうか。

プレーを観るというよりは、その選手の背景を想像することの方が多くなっていました。

隣で見ている彼女は、「坂本かっこいい」と叫んでしますが、一方で僕は、坂本の過去をネットで検索しているのでした。

彼女に「選手を見た目などの上部で見ないで、中身を知れ。過去を知れ。」と言ってやりたいところですが、きっと言ってもわからないだろうと静かに、ネットで検索しているのでした。

野球の楽しみ方は人それぞれありますからね。
一方の意見を押し付けるのはよくないですね。

障害年金の申請をするとき、単純に申請書を書かないように意識しています。
この方はきっとうつ病で大変な思いをしているんだ。
その不安を解消するために、今、僕は障害年金の申請をしているのだと思いを馳せながら、仕事をしています。

きっとあなたは今、うつ病などに苦しめられて、将来の不安が強いと思います。
その不安を解消するために、今すぐに無料判定を受けて下さい。
障害年金はあなたの不安を吹き飛ばす、強い強い味方です。

無料判定で、あなたが障害年金を受給できるかどうかがすぐにわかります。
ご連絡お待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける