うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

合格は一人では無理だな


From:山崎純平
草加のカフェより、、

11月8日は社会保険労務士試験の合格発表です。
懐かしいですね。
5年以上前に合格したのですが、あの時の感動は今でも忘れられません。

合格発表は、HPに合格者の番号が表示されるのですが、自分の番号があるかを確認するのはとっても緊張しますね。

ふと、合格発表の時を思い出しました。

ゆっくりと画面をスクロールして、いよいよ自分の番号が近くなってきます。
あと1スクロールをすれば、合格か不合格かがわかります。

その時、今までの勉強の苦労が蘇ってきます。
1日3、4時間以上は勉強し、休みの日も勉強。
暇さえあれば勉強。電車の中だって勉強です。
勉強が本当に辛くて、何度も何度も挫折しようと思いました。
でも、その度に、家族の支えがあって、何とか乗り越えてきました。
一人では絶対に勉強を続けることができませんでした。

夜遅くまで勉強をしていると、母が「お疲れ様」と言って、温かいスープを何度も作ってくれました。
体だけでなく、心もホッとしました。
母は社会保険労務士のことはよくわかっていませんでしたし、試験のこともよくわかっていませんでした。
ただ、息子のためにと色々とサポートをしてくれたのです。

また、試験当日は、あまり話さない父が珍しく「今日は試験頑張れ。」とボソッと言ってくれたんです。
今日が試験だということを、覚えていてくれたんだな。
本当に、ありがたいなと感謝が湧いてきました。

そんな気持ちで、1スクロールをすると、
合格!

本当に飛び跳ねて、喜びました。
今までの努力が報われた瞬間でした。

その時、母と泣いて喜びました。

思えば、3回目の試験で初めて合格したのです。
長かったです。
4年程の時間をかけてようやく勝ち取ったのです。

それまで本当に家族には迷惑や心配をかけました。
だから、僕は、これから多くの人の不安を解消するサポートをしたいと強く思ったのです。

そして今、うつ病等の精神障害で悩んでいらっしゃるあなたをサポートできることが本当に嬉しいのです。
あなたが障害年金を受給できて、大変喜ばれている姿を想像して、日々、仕事に励んでいます。

あなたが障害年金を受給できるか不安だと思いますが、今なら、障害年金が受給できるかの無料判定を行なっていますので、お気軽にお問合せ下さい。

お待ちしております。
一緒に障害年金という経済的安心を勝ち取りましょう!




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける