うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ブロックされました


From:山崎純平
川口のカフェより、、

ラインで初めてブロックをされました。

小学校のミニバスケットボール部で一緒だったT君。
彼とは、中学校まで一緒で、よく遊んでいました。

中学校を卒業してから会うことはなかったのですが、フェイスブックでつながっていました。
便利な世の中です。

以前までなら、学校を卒業したら、基本的にはその後、会うことはないはずです。
それが普通なのですが、SNSの普及により、本来繋がるはずのない人が、繋がる。
本来、会うはずのない人が、会える。

T君とは、フェイスブックで繋がり、その後ラインで繋がりました。
いくつかやりとりをした後、二人で会うことになりました。

SNSのおかげで、普通なら中学校を卒業して、会うはずのないT君と会うことができました。

10年ぶりに会うのですが、見た目は昔の面影があるのですが、中身がすっかりと大人になっていました。
T君と話をしていると、T君の人柄よく伝わってきます。
会社の後輩思いで、いつも後輩のことを気にしていました。

その後もたまに連絡を取り、会っていたのですが、途中から、連絡が一向に返事が帰ってきません。
何度も連絡をしているのですが、常に「未読」です。

最初は気にしなかったのですが、たぶん仕事が忙しいんだろうと思っていました。
でも、数ヶ月経っても連絡がこないので、
おかしいなと思って、ブロックされているか調べることにしました。

結果は、なんとブロック。

初めてブロックされました。
なんか寂しい気持ちになりました。
あんなに仲が良かったのに、一言もなくブロック、遮断。

理由はわかりません。
僕が何かをしたのかもしれませんが、特に思い当たることはありません。

SNSで便利になり、気軽につながれるようになった反面、気軽に関係を遮断される時代でもあるのです。

ブロックされると気分が落ち込み、友達不信になることもあります。
そんな時は、仲の良い友達に悩みを聞いてもらうといいと思います。

すぐに、仲の良い友達に、「ブロックされたぁ〜〜」と愚痴りました。
友達は親身に聞いてくれて、話し終えた時は、気持ちがスッキリしました。
あ〜やっぱり、友達っていいなと感謝が湧いてきました。

今回のブロックを通して、今もこうしてブロックせずに、僕と付き合ってくれている友達の大切さを感じました。

ブロックという嫌な経験でしたが、結果的には、友達の大切さを学ぶことができたので、良い結果になったと思います。

また、明日から障害年金の申請を頑張ります!




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける