うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

階段2段飛ばし


From:山崎純平
草加のカフェより、、

駅の階段を下っていた時のことです。
長〜い階段ってありますよね?

普通に一歩一歩降りると、時間がかかる。
けっこう、せっかちな性格なんです。

待ち合わせをしている時に、相手が1分でも遅れると、ソワソワします。
10分遅れると、「先に帰ろうかな」と待てない性格なんです。

それで、階段もチマチマ降りるの嫌だな〜と思っていて、「そうだ!一段飛ばしていこう」と思って、一段を飛ばしながら降りることにしたんです。

普段、一段飛ばしなんかしたことがないから、おっかなびっくりです。
恐る、恐る一段飛ばすんです。
その時、滞空時間っていうんですかね、足を離している時間が長いんですね。
次の階段までに着地する時間が思いの外かかるんです。
スムーズに降りることができず、まごついていると、隣を颯爽に降りる姿が目に入ったんです。

女子高生ですが、スムーズに下っていくではありませんか!
まさに自分が理想としたフォームで下っていくのです。

例えるなら、ハードルのジャンプに似ているかもしれません。

僕の場合は、ハードルを越えるために高く飛んでいるんですね。
すると着地するの時間がかかり、タイムは遅くなります。

一方女子高生は、ハードルに当たるか当たらないかのギリギリの高さで飛んでいるので、当然、着地が早い。タイムも速いです。

恐るべきスピードで駆け下りて行きました。
見た目は、普通の真面目そうな女子高生です。
決して、陸上部っぽくないんです。
強いて言うなら、美術部でしょうか。

人は見た目によらないんだな。
もし「階段を降りる競争」があっとして、「好きな競争相手を選んでいいよ」と言われたなら、
間違いなく、その美術部っぽい人を選んだことでしょう。

でも、選んだ日には、かなりのタイム差をつけられ、敗北を味わうことでしょう。

見た目で判断して、真実を間違って思い込んでしまうことってありますよね。

それは障害年金も同じことが言えるでしょう。
ネット色々と調べると、障害年金の情報が溢れていて、あなたは混乱していませんか?

間違った情報に踊らされてしまい、いつしか自分が障害年金を受給できないと思い込んでいませんか?

今なら障害年金の無料判定を実施していますので、お気軽にお問合せ下さい。
すぐに結果が出ます。

もう、あなたは間違った情報に振り回される必要はないんです。

あなたからのご連絡をお待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける