うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分は大丈夫


From:山崎純平
草加のカフェより、、

先日の朝、自転車に乗っていて、信号待ちをしていた時のことです。
赤信号にも関わらず、猛スピードで私の脇を通り抜けていく自転車がありました。
そうです、信号無視です。

信号無視をしたのは、高校生だったのですが、危ないなと思いました。
きっと、学校に遅刻してしまうから急いでいたのでしょう。

赤信号で渡るというのは危険である、というのは小学生でもわかることです。

そういう私は、高校生の頃は、たまに信号無視をしてしまっていました。
その当時は、「事故にあうわけはない。自分は大丈夫」という変な自信があったのだと思います。
交通事故の恐ろしさを感じていなかったんですね。

でも交通事故のリスクは、外に出る限り、常につきまとっています。
車を運転していなくても、歩いていても・・・

交通ルールを守っていても、相手が交通ルールを守っていなかったら、当然交通事故に遭うリスクはあります。
当然、交通ルールを守らなければ、自分で交通事故のリスクを上げることになります。

交通事故を起こす人は、きっと、「自分は大丈夫」という変な自信があるのでしょう。
本当に大丈夫?と問いかけることが大切ですね。

障害年金も同じことが言えます。
「自分は障害年金もらえるほど、症状が重いから大丈夫」と思っていませんか?
確かに、第三者から見たら、障害年金をもらえるほど症状が重いことでしょう。

でも、それを医師が適切に診断書に反映してくれるとは限りません。
普通に診断書を依頼したら、思いの外、症状の軽い診断書が出来上がってくる可能性があります。

体調に波があると思いますので、本当に体調の悪い時は病院に行くことが難しいと思います。

ある程度調子の良い時に病院に行かれると思いますが、先生は、その「ある程度調子の良い時の様子」を見て、診断書を書いてしまうので、思ったより症状の軽い診断書になってしまう恐れがあります。

それを防ぐために、私たちは医師向けの資料を作成しております。その資料には、あなたの普段の日常生活を事細かく記載しております。

その資料を参考に、先生は診断書を書いてくれますので、あなたの症状を適正に表した診断書の作成につながって参ります。

その結果、障害年金を受給できる可能性が高くなるのです。

今なら障害年金の無料判定を実施していますので、お気軽にお問合せ下さい。
あなたからのご連絡お待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける