うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

感情に振り回れないために


From:山崎純平
さいたま市のカフェより、、

今朝、妻に不満を感じました。

今朝、私は朝起きたら、窓についた結露を拭き、朝ごはんの支度をしました。
妻と一緒にご飯を食べた後、洗い物をしました。
気がつくと、ガスコンロが汚れていたので、その汚れが気になり、ガスコンロの掃除をしました。

ですが、妻はというと、何にもしてくれません。
朝ゆっくりと起きてきて、ご飯を食べて、自分の身支度をして、そのまま出勤してしまいました。

「少しくらい手伝ってくれてもいいのでは?」と思い、少しイラっとしてしまいました。

普通なら、その怒りを妻にぶつけてしまうのですが、それでは毎日ケンカばかりで、全く楽しい結婚生活を送ることができません。
しかし、その怒りを我慢してしまったら、自分が辛く、ストレスを抱えてしまいます。

そこで、怒りをぶつけるのではなく、自分の要望(朝の家事を手伝って欲しい)を冷静に伝えようと思ったのです。

つまり感情に任せて伝えるのをやめようと思ったのです。
その時、
朝の食器の片付けをやって!
と、こちらが一方的に指示を出すのもやめようと思ったのです。

今までは、一方的に指示を出していました。
これとこれをしっかりとやってくれ!
と。

指示を出しているときは、妻の顔は不満だらけでした。
しかも、妻はそれを1回はやりましたが、今では全くやっていません。

「人は他人から指示されたことより、自分で決めたことの方がやる」と、以前読んだ本に書いてありました。

ということで、一方的に指示を出すのではなく、一緒にどうしたらいいか?を考えていこうと思ったのです。

今日の夜、早速、話し合いをします。
その際、怒りを出さず、冷静にやってみます。
その結果は、またブログでお伝えしますね。

感情を抑えるのって難しいですね。
でも、できます。

例えば、私の場合、妻への怒りや不平不満を感じたら、間髪入れずに、言葉を発しないようにしています。
具体的には、その場から逃げます。外に出ることもあります。
怒りを感じたら、10秒間カウントをすると、怒りが鎮まるので、とにかくその場から逃げます。
すると不思議にも冷静さを取り戻すことができます。
冷静さを取り戻すことができれば、「あの時、怒りに任せて文句を言わなくてよかったな」と思えることが何度もあります。

感情が全てではないのだなと、改めて感じました。

それは障害年金にも同じことが言えます。
あなたは精神的に落ち込んでいて、どうせ私は障害年金をもらえないという考えに支配されていませんか?
その考えは実は、感情が作り出している幻想かもしれません。
それを確かめるために、一度障害年金の無料判定を受けてみてください。
すぐに結果が出ますので、お気軽にお問合せ下さい。

あなたからのご連絡をお待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける