うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

パンはそんなに好きではありません


From:山崎純平
草加のカフェより、、

あなたは朝食は、ご飯派?それともパン派?

私は小学生の頃から、ずっとご飯派でした。
朝ごはんがパンだと、途中でお腹空いてしまうのです。
でもご飯だと、腹持ちが良くて、お腹がグゥ〜って鳴らないんですね。

妻と結婚して、同棲をしてもずっと、朝はご飯でした。

それが最近、朝ごはんにやたらと、パンが登場することが多くなったんです。

きっと、先日妻と会話していた時に、「パンって久しぶりに食べると美味しいよね。」と話したことが原因かなと思ったんです。

普段、ご飯しか食べていないので、たまぁに食べるパンって美味しいんですよね。
CMでもよく、パンのCMやっていますよね。
なんのCMか忘れたのですけれど、そのCMでは「追いバター」っていう言葉が出てくるんですよ。
追いバターとは、バターを塗って焼いたパンにさらにバターを塗る方法だそうです。

美味しそうですよね。
最近ハマっているのは、これもCMの影響ですが、食パンの淵にマヨネーズで土手を作って、パンの真ん中にたまごを落として、トースターで焼くんです。

これが、マヨネーズが香ばしくて、すごく美味しいです。
しかもたまごが半熟。
簡単ですから、ぜひ試してみてください。

話を戻しますと、朝の食卓に、やっぱり最近パンが登場するのが多いんですね。
で、妻に聞いてみました。

「最近、パン多くない?俺のことを思ってパンにしてくれるのは嬉しいのだけれど、昔からご飯派なんだ。だから、ご飯が食べたいな。」と言ったところ、

「ごめん、今、春のパン祭りやっていて、シールが欲しかったの。」
と。

えっ〜〜〜〜〜夫に喜んでもらおうとパンを買っていたのではなく、春のパン祭り、つまりお皿目当てだったんです。

パンを買ってシールを集めて、25点ほど貯めるとお皿1枚と交換できる、例のお祭りです。

だから、最近、やたらとパンが多かったんですね。
妻は実は、私と同じようにご飯派で、そんなにパンを好き好んで食べません。

ただ、お皿のためだけにそんなに好きでもないパンを無理に買っていたんです。

思いました。
パンを無理に買うより、普通にお皿買った方がよくない?
何でそんな遠回りなことをするんだろうか・・・

妻も「確かに」と言っていました。

遠回りより近道をしたいですよね。
そのほうが余計な労力、時間、お金を使わなくてすみます。

障害年金も同じことが言えます。
自分で一生懸命書類を集めて、申立書を書いて、年金事務所に何度も何度も通って申請をしたので、結果が不支給。

どれだけ精神的なダメージがあるかわかりません。
障害年金という経済的安心を得るために、あなたは遠回りをする必要はないのです。
もっと少ない労力で、成功率を上げたいと思いませんか?
そんな時は、私たち全国障害年金パートナーズを頼ってください。
あなたに最短の距離で障害年金という経済的安心をお届けします。

今なら障害年金の無料判定を実施していますので、お気軽にお問合せ下さい。
あなたからのご連絡お待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける