うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

埼玉県民は鴻巣は免許センターのためだけに行く人がほとんど


From:山崎純平
草加のカフェより、、

先日の休日、鴻巣(こうのす)免許センターまで、免許の更新に行ってきました。
片道2時間かけて行ってきました。
とんでもなく遠いですね。

思えば、鴻巣は免許の取得や更新以外、行かないであろう市の1つです。
免許を取るためには、埼玉県民であれば必ず通らなければならない関所です。

 

そういえば、免許取得の頃を急に思い出しました。
あれは22歳の頃でした。

朝8時半までに受付をしなければならず、朝8時には鴻巣駅についていなければアウトです。
朝8時に鴻巣駅ということは、朝6時半に家を出なければ間に合わないのです。
早すぎですよね。
小学生でもそんなに早く登校しません。

電車の遅延により、駅に着いたのが朝8時15分ほどで、ギリギリです。
駅についたら、バスに乗るのですが、それが長蛇の列。
恐らく、一回では乗り切りません。
間に合わない。
朝6時半に起きて間に合わないというのは後悔しても後悔しきれない。

そこで、バスを諦め、走ることを決意。
鴻巣駅から、免許センターまでは1本道を通れば到着できます。
どんなに地図の読めない人でも、迷うことはほぼないでしょう。
なお私は地図が読めません。
地図を「逆さま」にして読むタイプです。

ですが、道は一本ですので、迷わず行けます。
しかし、時間がギリギリなので、必死でダッシュしました。
同じようにダッシュしている人がいました。
仲間だ・・・
仲間に鼓舞され、なんとか、ギリギリ間に合いました。
当時は冬だったのですが、汗ダラダラです。
息を整えて、受付を済ませて、いざペーパーテストへ。
免許のペーパーテストって無情ですよね。

100点中90点以上とらないと落ちてしまうんですよ。
しかもけっこう難しいです。
私は何とか一発で合格できましたが、4割くらいの人は落ちてしまっていました。
ペーパーテストに落ちたら、朝早く来たのに、朝10時頃には帰らないと行けない・・・
そしてまた、朝早く鴻巣へ来ないと行けない。
何て無情なんでしょうか。

試験に落ちてトボトボと帰る人の背中がガックリしていました。
しょんぼりしていました。

埼玉には、「ウルトラ教室」というのが存在します。
それは、教習所の予備校のようなところで、朝6時頃から開いています。
試験を受ける日1日だけ通う予備校で、費用は3000円ほどかかります。
そこでは試験の予想問題を解くのですが、なぜかその日免許センターで出る試験の内容とほぼ一緒なんです。
そう、3000円払って、当日出る問題を解くという、よくわからない予備校です。
ですが、免許を取得したい人にとっては、ありがたい予備校なんです。
もし試験に落ちたら、また鴻巣に来なければ行けないので、何としても受からなければいけないのです。
そんな救世主がウルトラ教室なんです。

私は利用しませんでしたが、その予備校のカラクリは今でも謎です。

障害年金もそのような”予備校”があったらいいですよね。
この書類を出したら、必ず2級や3級をゲットできる。
でもそんなことはあり得ません。

なぜなら、症状は人によって異なるからです。
その人にあった申立書を作成しなければ行けません。
また、障害年金の申請の上では診断書が重要な書類です。
診断書も先生によって書く内容が変わってきます。

このように、その人それぞれにあった障害年金の申請の仕方があるのです。
これを聞くと、障害年金の手続きってすごく難しそう・・・と思われるかもしれません。
確かに、障害年金の申請は難解です。
しかし、障害年金の受給できる可能性をあげるポイントはあります。
そのポイントしっかりと押さえて申請をすれば、受給できる可能性は高くなります。
ただそのポイントは人によって異なります。
私たちはそのポイントを熟知しています。
あなたの障害年金の受給できる可能性をぐっと上げられます。
少しでも気になったなら、ぜひ障害年金の無料判定を受けてみてください。
すぐに結果が出ます。
あなたからのご連絡お待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける