うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

段取り9割!?


From:荻島真二
世田谷のプライベートオフィスより、、

先日、電源のコンセントの数が
足りないため、電気屋さんで
電源タップを買いました。

あらかじめ、何個不足しているか
きちんと数えて、それに合った
電源タップを買えば
何ら問題なかったのですが、
お店に着いてから、
「あれ?何個足りなかったんだっけ?」
と考えてしまいました。

4個口か、6個口か・・・。

大は小を兼ねる、ならば
とりあえず6個口を
買っておけば、
間違いなさそうですが、
500円も高いのです。

「ま、4個もあれば足りるだろう」と
何の根拠もなく、安易に金額だけで
4個口の方を購入し、
家に持ち帰りました。

ところが・・・。

必要な電源の数は「6個」、
当然、買ってきたものでは
用が足りません。

仕方なく、自転車で
30分かけて電気屋さんへ戻り、
4個口の電源タップを返品、
追加料金を支払い、
6個口のものに取り換えて
もらい、事なきを得ました。

幸い、金銭的な損失は
ありませんでしたが、
往復の1時間と、
店員さんにご迷惑を
かけてしまったのと、
目には見えないロスは
たくさんありました。

あらためて「段取り8割」
言葉の重要性を認識した
瞬間でもありました。

障害年金の申請でも、
「段取り8割」
いいえ「段取り9割以上」
いってもいいくらい、
計画的に手続きを進めて
行く必要があります。

初めて病院に行った日の確定、
その後の受診歴の確認、
保険料はきちんと納めていたか、
主治医の先生に正しい診断書を
書いてもらうことは出来るか、
他に自分で作成しなければならない
書類もある・・・、
などなど、例を挙げ始めたら
キリがありません。

だからこそ、これらを計画的に段取りを
立てて進めていく必要があります。

あなたがこれらをご自身でできるならば、
あえて誰かに依頼する必要はないでしょう。

ですが、これが思っているよりたいへんで、
ご自分で手続きを進めようと
行動を開始したものの、
やっぱり難しいということで、途中から、
私たち全国障害年金パートナーズへ
ご依頼いただく方も
大勢いらっしゃいます。

申請前に「これは自分では難しい」と
途中で気づいて、ご依頼くださる方は、
まだ良い方なのかもしれません。

ご自分で最後まで申請を進めた結果、
不支給となった場合、
その時点で私たちにご依頼を
頂いても、残念ながら、私たちは
もう、そのご依頼を
受けることが出来ないのです。

その理由は、行政がすでに不支給の
原因となった申請書類を
持ってしまっているわけで、
私たちがそれを覆すのは
「後出しじゃんけん」
ほかならないからです。

あなたが、ご自身で障害年金の
手続を進めることに
少しでもご不安をお感じなら、
まずは、私たち
全国障害年金パートナーズへ
ご相談いただけませんか。

あなたに寄り添って、
あなたが障害年金を
受給できるよう、
全力でサポートさせていただきます。

あなたからのご連絡をお待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける