うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

「思い込み」は危険!?


From:荻島真二
北千住のカフェより、、

先日、ちょっと怖い
思いをしました・・・。

駅から自宅への帰り途、
周りは真っ暗、
信号機のない横断歩道を
自転車で渡ろうとしたところ、
向こうからバイクが来ました。

「自分が渡り終えるころには、
もうすれ違っているな」

私は、そのまま横断歩道を
渡り続けます。

ところが、
こちらに向かって走ってきたのは
バイクではなく、自動車だったんです。

直前で気が付いて、
慌ててブレーキをかけ、
事なきを得ましたが、
なぜ、そんな勘違いを
してしまったのか・・・?

答えはとても簡単です。

その自動車、なんと右側の
ヘッドライトの電球が
切れていたのでした。

「一つのライト」 = 「バイク」
その勘違いを引き起こした
原因は「思い込み」でした。

 

このように、思い込みは危険です。

 

それは障害年金の申請でも
当てはまります。

主治医の先生は患者の
症状を適切に診断書に書いてくれる。

申立書はたくさんのことを
書けば書くほど審査で評価される。

わからないことがあれば、役所の職員が
何でも親切に教えてくれる・・・。

これらは
「勘違い(思い込み)」
あることが多いです。
(もちろん、すべてのケースが
そうであるとまでは言いませんが・・・)

そしてその先に待っているのは、
年金の不支給という危険性です。

特に、うつ病の場合、
「こころの病」であるために、
目には見えないのが
特徴です。

申請の難易度も、
審査のハードルも
必然的に高くなります。

私たち、全国障害年金パートナーズは、
日本で唯一の「うつ病」にかかる
障害年金のサポートに特化した
社会保険労務士法人です。

これまで蓄積してきた
ノウハウは、どこにも
負けない自信があります。

そして、それは
今後も変わることはありません。

あなたが、もし、ご自身で
障害年金の申請を行うことに
少しでも不安をお持ちなら、
私たちにご相談ください。

お一人おひとりに
合わせたサポートを
させていただきます。

あなたからのご連絡をお待ちしております。

 

(PS:ライトが切れていた運転手さん、
早めにライト交換してくださいね。
危ないばかりでなく、
お巡りさんにみつかったら
整備不良で切符切られてしまいますよ・・・)




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける