うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分の悪口を言われている気がする・・・


From:宮里竹識
新宿のスタバより、、

「人から悪口を言われてる気がする」

あなたはそのように思ったことはありませんか?

私たち全国障害年金パートナーズに依頼をしてくれるお客さんの中にも、
人から悪口を言われていると感じている人が多くいます。

それが気のせいだというのは
みんな分かっているんです。

でも、どうしても気になってしまう、
他人の話し声が聞こえると、
自分を悪く言われていると感じてしまうんです。

その気持ち、分かります。

私だって人間ですから、
落ち込むこともあります。

気が滅入っているときに
Facebookでネガティブなメッセージを
発信してしまったことがあるんです。

そうしたら、
こんなコメントが届きました。

 

「それって、僕のことですか?」

 

コメントをくれた人は面識のない赤の他人でしたが、
その人は自分の悪口を言われたと感じているようでした。

他にも、
「その気持ち分かります〜、実は私も・・・」
という感じで勝手に共感してくれて自分の体験を話出す人も
集まってきました。

この一件で学んだのは、
悪いメッセージを発信すると、
自分の悪口を言われたと感じる人や
ネガティブなコメントが集まってくるということです。

そして別の日、
今度はポジティブなメッセージを発信しました。

たしか内容は、
妻がリビングにある花瓶の花を
いつも私の方に向けてくれていることへの感謝を
伝えたものだったと思います。

そのメッセージに対しては
「素敵な奥さんですね」
といった嬉しいコメントが複数ありました。

ここで学んだのは、
ポジティブなメッセージを発信すると
ポジティブなコメントが集まってくるということです。

 

ここであなたも考えてみてください。

街に散歩に行くと、
色んなものが見えてきますよね。

キレイな花だったり、
気持ちのよい日差しだったり、
子どもたちの楽しそうな笑い声だったり。

その一方で、
道端にゴミが落ちていたりもしますよね。

知らない人が捨てていったそのゴミ、
あなたは拾って帰りますか?

拾いませんよね。

あなたが人から悪口を言われていると感じるのも、
これに近いものがあると思うんです。

道端に落ちているゴミは、
べつにあなたに向かって捨てられたものではありませんよね?

知らない他人が知らないところで捨てていったものです。

同じように、
悪口を言っていると感じた相手も、
べつにあなたに向かって言っているのではありません。

だから、
差出人不明のゴミを拾う必要はないのです。

悪口というゴミ拾いで
心にダメージを負わないでください。

ゴミ拾いを止めて、
キレイなものを集めてみませんか?

キレイな花なんかを実際に買ってもいいんですが、
それにこだわる必要はありません。

キレイなメッセージ、
ポジティブな言葉に意識を向けてほしいのです。

そうすることで、
人から悪口を言われているというイメージも消えますし、
周囲の人の優しさにも気づけたりします。

良いことずくめなんで、
ポジティブな言葉に目を向けるというのを試してみてください。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける