うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

休業する障害年金社労士が増加中!


From:宮里竹識
千歳烏山のスタバより、、

私はスターバックスに行ってコーヒーを飲みながら仕事をすることが多いのですが、
ついに最寄り駅の千歳烏山にスタバができました。

自宅から徒歩2分の好立地にあり、
今日はエビのフォカッチャとアフォガートのフラペチーノを満喫しています。

スタバでコーヒーを飲みながらMacBookを操作しているイケメンがいたら、
それは宮里かもしれません。

私は集中していると周りの声が聞こえなくなってしまうので、
もし私に話しかけて反応がなかったとしても
気にしないでくださいね。

 

それはさておき、
月イチで行っている競合調査をしていたら
面白い状況になっていました。

それが何かというと、
いくつかの障害年金社労士が休業していたのです。

もう少し言うと、
現在多忙で新規の依頼を受けられない旨を
ホームページに表記している障害年金社労士さんが複数いたのです。

これを素直にみれば
障害年金の依頼が多くて対応できないんだな、
と読み取ることもできます。

ですがホントのところは違うと思います。

私が”違う”と感じた理由は二つあります。

 

【理由①:休業しているのは障害年金専門ではない社労士ばかり】
障害年金社労士の業界は、
大手コンサル会社の影響もあって、
ホームページからは障害年金を専門にした社労士のように見えます。

障害年金を専門にしているように見せた方が
お客さんが来るからです。

だから、
多くの障害年金社労士は通常の社労士業務を記載したホームページの他に
障害年金だけを載せたホームページを用意しているのです。

そして、
今回休業している社労士事務所は、
すべて他の業務をやりながら片手間に障害年金をサポートしているところでした。

※ホームページのどこかに控えめに表記されている”社労士事務所名”を、Googleなどで再度検索してみてください。障害年金以外の業務をやってる社労士事務所の場合、メインのホームページが他に出てくるはずです。

 

【理由②:普通の社労士事務所は今が大忙し】
普通の社労士さんは、
企業と契約して給与計算や社会保険の手続きを行っています。

そして、
労働保険の年度更新と社会保険の算定という手続きがあるため、
この時期(5月〜7月)は大忙しなんです。

 

この
理由①:休業しているのは障害年金専門ではない社労士ばかり
理由②:普通の社労士事務所は今が大忙し
の二つから導き出される仮説があります。

それが、
”本業の社労士業務が忙しくて、障害年金にまで対応できない!”
というものです。

もちろん、
こういった社労士さんがダメというわけではありませんよ。

障害年金のサポートは高度な専門知識と、
大きな集中力や行動力、役所との交渉力が必要です。

忙しくて時間のとれない社労士さんに依頼してしまうと、
高レベルのサポートができない可能性がある、と言いたいのです。

自分の状況とタイミングにあった社労士さんに
障害年金のサポートを依頼してください。

 

ちなみに私たち全国障害年金パートナーズは、
うつ病に特化した障害年金専門の社労士法人ですが、
月の後半になると新規の依頼を受けられないことがよくあります。

さきほども言った通り、
障害年金のサポートには高度な専門知識と
集中力・行動力・交渉力が必要です。

とくにうつ病での障害年金は、
これらの力が重要です。

これを維持するためには、
受けられる依頼の数も限られてくるのです。

私たちは現在月20名まで依頼を受けていますが、
それが限界です。

そして、月の後半になってくると依頼者の数が20名に達してしまうのです。

そうなってしまうと新規の依頼を受けられなくなってしまうので、
お急ぎの方は他の社労士さんを頼ってください。

一方、
”翌月まで待っても良いから全国障害年金パートナーズに依頼したい!”
という人がいたら、ご相談ください。

少しだけお待ちいただきますが、
月が変わったと同時にサポートを開始します!

うつ病で苦しんでいるあなたの経済的不安を、
障害年金で解決しますので、
いつでもご相談ください。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける