うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自己評価は自由です。


From:山崎純平
府中のカフェより、、

あなたは自分をどのような人だと思いますか?

そのような質問をされると、私はこんな風に答えてしまいます。
・考え過ぎてしまう人間
・行動ができない人間
・長く続かない人間
・・・
とネガティヴな考えしか出てきません。
いわゆる自己評価がとても低いんです。

ある本を読んでいたところ、「自己評価は自分自身が自分自身に対して行う評価だから、自由に評価していいんですよ。」と書いてありました。

普通は会社とかでは、上司に評価されます。
上司から「仕事ができない人」と評価されると、落ち込みます。
それを受けて、自分でも同じように自分のことを「仕事ができない人」と評価をしてしまいがちです。
でも、自分の評価は自分で自由にできるのです。

だから、自分は「仕事ができる人」と自己評価をすれば、そんなに落ち込みません。

またその本では、「自己評価を変えることで、そのように振る舞うことができるから、自然と行動が変わる」と書かれていました。

例えば、私は「プレゼンが苦手である」という自己評価をしていると、「プレゼンが苦手な自分」として無意識に振る舞ってしまいます。
常に「自分はプレゼンが苦手だ」と自己暗示をしているような状況でしょうか。
そんな状況では、自信を持ってプレゼンをすることはできませんので、プレゼンはうまくいかないでしょう。
そこで、「自分はプレゼンが得意である」という自己評価を持てば、プレゼンが得意のように振る舞います。
プレゼンが得意な人とは、どんな人だろうか?と考えて、きっとこういう人だと思い、自然と行動するでしょう。

・自信がある
・堂々としている
・プレゼンの練習をしっかりしている
・声がハキハキしている。

そのために、こうのように行動をしよう・・・

本を読んでみて、「うんうん」と深く頷いてしまいました。

自己評価は簡単に変えられます。
ただ、そのように思い込めばいいんですから。

というわけで、私も以下のように自己評価を変えてみました。
・私は、注意深く物事を分析できる
・私は、行動をする前にリスクを考えることができる
・自分の意思をしっかりともっているから、自分に必要のないものをきっぱり断ち切ることができる

あなたも自己評価を変えてみませんか?
例えば、あなたは「私は障害年金をもらえない人間だ」と無意識に考えていませんか?

そんなことありません!
精神的な症状で現在、辛い状況をされているのであれば、障害年金をもらえる可能性があります。
まずは私たちの障害年金の無料判定を受けてみてください。
すぐに結果が出ます。
あなたからのご連絡をお待ちしております。

あなたは「障害年金がもらえる人」です。

私たちがしっかりとサポートをしますので、一緒に経済的安心を手に入れましょう。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける