うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ジャガイモ9個はきついです


From:山崎純平
府中のカフェより、、

冷蔵庫を開けたら、袋のなかに、新聞紙で包まれたジャガイモが9個入っていました。
がしかし、なんと、ジャガイモから白い茎のようなものを生えているではありませんか!!

そうです、腐りかけているのです。
冷蔵庫で、密かにジャガイモを育ててしまっていたのです。

これはやばい。
早く食べなければ・・・

ということで、ジャガイモ9個のクッキングスタートです。

まずはジャガイモの皮を皮むき機で剥きます。
私は包丁が使えませんので、皮むき機派です。

最初は順調な滑り出しですが、9個も剥くとなると、流石に飽きてきました。
まだ2つか。あと7個もあるよ。
なんとか皮をむいたのですが、さてどう料理をしようか?

そこで思いついたのが天ぷらとじゃがバターです。
4個を天ぷらとしてつかい、残りの5個を茹でることにしました。
そうです、じょがいもの天ぷらと、じゃがバターが今晩の食事です。

できあがりました。
とんでもない量です。なんとジャガイモ9個分です。
茶白が食卓を覆いました。

食べてみますと、これが意外に美味しいです。
初めて天ぷらを作ったのですが、意外に美味しくできたんですね。
天ぷら粉を使うと違いますね。おすすめです。

衣がサクサクでした。

さてじゃがバターも、アツアツ、ホクホクで、美味しかったです。
バターがいい感じにとろけて、美味しいです。

ですが、流石に飽きました。
美味しくても流石に飽きます。

3個ほど食べ進めますと、箸が止まります。

じゃがいもは腹持ちがいいのです。
残り6個。食べられません。

とういことで、明日の朝食に回しました。
先送りです。

もう少し早く、冷蔵庫をチェックしていれば・・・
じゃがいもを買う量控えていれば・・・

後悔をしてもしきれません。

あなたも後悔はしたくないですよね。
障害年金も同じことがいえます。

自分で手続きができると思って、体調がすぐれない中、やっとの思いで年金事務所へ行った。
でも職員の人の話があまり理解できない。
何度も職員の人が説明をしてくれるが、理解できない。
申請書をもらったが、何を書いてよいかわからない。
年金事務所から帰ってくると、どっと疲れてしまう。
やっとのことで障害年金の申請をしても結果が不支給。

こんな思いをするなら、障害の申請なんかやらなければよかった・・・

そんな苦労をあなたはする必要がないんです。
あなたは手間暇をかけずに、成功率を上げたいと思いませんか?
ゆっくりと自宅で療養をしながら、障害年金をもらいたいと思いませんか?

どうぞ私たち全国障害年金パートナーズを頼ってください。
私たちはうつ病に特化した障害年金を申請するスペシャリストです。

まずは障害年金の無料判定を受けてみてください。
すぐに結果が出ます。
あなたからのご連絡をお待ちしております。

PS:その夜、妻がスーパーから買い物をしてきました。そこには茶色の塊がゴロゴロ入っていまいたとさ。とほほ。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける