うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

盲目のホームレスを救ったのは・・・?


From:宮里竹識
千歳烏山のスタバより、、

「私は盲目です。お金を恵んでください」

このように書かれた段ボールを隣に置いて、
一人の老人が道の隅っこに座っていました。

そう、彼は目の見えない盲目のホームレスです。

耳からの情報だけを頼りに、
目の前を通り過ぎる人たちに助けを求めていました。

しかし、、、

忙しい街の人たちはホームレスに目を向けようともしないのです。

たまに、
増えすぎてしまった小銭を減らそうとしたサラリーマンが、
無造作に何枚かの小銭を彼の前に投げ捨てています。

彼はそれを手探りで探して、
自分の目の前に置いてある小銭入れにいれます。

地面に散らばった小銭を探す彼の手は、
ひどく汚れていました。

ふと、その小銭入れに手が当たって、
「カラン」と音が鳴ります。

目の見えない彼にも、
少ししかコインが入っていないのが分かります。

「コツ、コツ、コツ・・・」

そんなとき、ある女性が現れました。

彼女は、そのホームレスの目の前に立つと、
横に置いてある段ボールを手にとります。

目が見えない彼は、その女性が何をしているのか分かりません。

必死に耳をすませて彼女の動きを探っていると、
何やら段ボールに文字を書いている ようでした。

そして数十秒後、
彼女は何も言わずに立ち去っていきました。

目の見えないホームレスは、気が気ではありませんでした。

「何かイタズラをされたのかもしれない・・・」

しかし、そんな不安は次の瞬間には吹き飛んだのです。

といいうのも、、、

 

突然、大量のコインが彼の元に飛び込んできたのです。

 

今まで全く見向きもされなかった彼の目の前に、
次から次に小銭が恵まれてきたのです。

彼には、何が何だか分からない状態です。

それでも、どんどん小銭は増えていきます。

あっという間に、彼の小銭入れはコインでいっぱいになりました。

人通りが少 なくなる頃にはもう、
1つの小銭入れでは収まりきらないほどの小銭が溜まって いました。

「コツ、コツ、コツ…」また、彼女が戻ってきました。

足音、そして匂い。これは、 あの時の彼女に間違いないと確信しました。

そして、彼女はまた、彼の目の前に立ち止まりました。

 

「一体、何をしてくれたんですか?」

 

感謝の言葉よりも先に、
彼は何があったのかを知りたかったのです。

すると彼女は、優しい声で彼に「秘密」を打ち明けました。

 

「同じ意味の言葉を書いただけよ。“違う言葉”を使ってね」

 

彼女が、盲目のホームレスの人生を救った「たった一言の言葉」。それは、、、

 

どんな言葉を彼女は段ボールに書いたのか、
その答えを伝える前にあなたに考えてほしいことがあります。

それは「言葉の力」です。

日本語には表現が無数にあります。

例えばリンゴを表す言葉でも、
赤い・丸い・甘いなど、
色んな伝え方ができますよね。

同じことであっても伝え方一つで全く違ったものになるのです。

だから、
私たち全国障害年金パートナーズも
どんな言葉を使うかにとても気を使っています。

例えば私たちの提供している”障害年金受給代行”というサービス、
これは障害年金の手続きをただ代わりに行うというものではありません。

手続きを代行するというのは、
私たちが目指しているところではありません。

私たちが行っているのは、
あの難しい障害年金をあなたに代わって手に入れるということなんです。

うつ病の症状によって集中力や理解力、
行動力が落ちている状態では障害年金の手続きはとてもハードルが高いです。

あまりの難しさに途中で断念した人もたくさんいます。

苦労して手続きしたはいいけど、
不適切な書類を書いてしまって審査に落ちた人もいます。

でも、障害年金はあなたの命をつなぐ大切なものです。

療養に専念して、
社会復帰を目指すためには審査に落ちてはいけないのです。

そんな人を一人でも多く助けるために、
私たち全国障害年金パートナーズは活動しているのです。

だから、
「障害年金受給代行」という言葉は
手続きを代行するという簡単なものではないのです。

とまぁ、こんな感じで言葉の使い方をしっかり考えているんです。

あなたも、
自分の言葉が相手にどう伝わるかを考えてみてください。

言葉を使いこなせば人生も楽になっていきます。

それでは最後に、
盲目のホームレスの段ボールに女性が書いた言葉をお伝えします。

彼女は段ボールの言葉を、こんな風に書き換えました。

 

It’s a beautiful day and I can’t see it
「今日は素敵な1日。でも、私はそれを見ることが出来ません…」

 

PS:
今回のエピソードは、10年ほど前にアメリカで話題になったショートムービーです。
その動画のリンクも貼っておきますので、一度見て下さい。

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける