うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

こんな人は近づきたくない


From:山崎純平
草加のカフェより、、

さっきから、電車内がピリッとしています。

40歳くらいのサラリーマンが電車に乗ってきました。
その人は、電車に乗るこむと、どんどん車内の奥に進んでいきました。
その際、他の乗客にぶつかってきました。
当然、謝りません。

そのサラリーマンは、他の乗客にもお構いなしにどんどんぶつかっていきます。

他の乗客も「何あの人?」「何だよ?」というような顔をしていました。

その車内では、少しピリッとしていました。
でも、皆さんは大人なので、その人を「いなかった」ことにしています。

そのサラリーマンが、私の隣までやってきました。
明らかに「関わらない方がいい」というオーラを感じ取りました。

いやだな〜何でこっち来るかな。

私は立っていたのですが、目の前に座っている乗客が席をたちましたので、「座ろう」と思ったら、隣にいたサラリーマンが無言で、その座席に座りました。

暗黙の了解で、「自分の目の前の人が席を立ったら、座って良い」というルールがあると思います。
でもそのサラリーマンは、予想通り、そのルールを破り、当然のように私の前に割り込み、座りました。

こういう人は、人の気持ちがわからないと思います。
「自分さえ良ければ他の人はどうでもいい」と考えているのでしょう。
この人と関わってしまった日には、相当なストレスを感じてしまいます。
あなたもきっとこのサラリーマンのような、人の気持ちを考えることができない人に苦しめられたと思います。

そういう場合は、その人には関わらないことが大切です。

障害年金の申請をする上で、お客さんとの信頼関係を築けるか?がとても重要です。

このような自分勝手な人の仕事の依頼受けた日には、信頼関係が築けませんので、障害年金というゴールに進むことは難しいでしょう。
さらに、私たちも疲弊してしまいます。

また、他のうつ病等でサポートを必要としている人に割く時間を無駄にしてしまいます。

そのため、「自分さえ良ければ、他の人はどうでもいい。」というような自分勝手な人からの仕事を受けません。

もしあなたも、「自分勝手な人は嫌だな」と思っているのであれば、私とあなたは相性が抜群です。
今、あなたは辛い状況にいると思います。
あなたが障害年金という経済的安心を手に入れてもらいたいので、ぜひご連絡ください。

あなたが障害年金を受給できるよう全力でサポートをします。
あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける