うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

現在「幸福を感じていない」人の74.6%が老後の収入に不安を抱えていた!?


From:宮里竹識
日本橋のスタバより、、

チューリッヒ生命が全国の50歳から79歳の男女を対象に
「シニアのワークライフバランスに関する調査」
を実施しました。

この調査結果が興味深かったので、
あなたにも共有したいと思います。

この調査の中で
現在「幸福を感じている人」と「幸福を感じていない人」を比較したのですが、
大きな違いがありました。

現在幸福を感じている人の場合は老後の収入・家計に不安を感じているのは47.0%だったのに対し、
現在幸福を感じていない人の場合は老後の収入・家計に不安を感じている人は74.6%もいたのです。

 

 

現在の幸福度というのは、
老後の収入・家計の不安に影響しているのですね。

もしくは、
老後の収入・家計の不安が現在の幸福度に
影響しているのかもしれませんね。

私自身は家族や仕事にも恵まれていて
現在は幸せを感じています。

でも、
独身時代にお金がなかった頃は
将来の不安でいっぱいでした。

私たち全国障害年金パートナーズに障害年金の依頼をする人も、
最初は不安でいっぱいな様子でした。

 

”うつ病で働けなくなって収入がない”
”貯金がどんどん減っていくのが怖い”
”家族に迷惑かけてばかりで申し訳ない”

 

色んな不安を聞いてきました。

早くうつ病が治って社会復帰できるのが一番ですが、
うつ病は治療に時間がかかり、
再発も多い病気です。

医者でもない私たちにできることは、
障害年金を受け取ってもらうことで
経済的に安心してもらうことです。

障害年金という経済的安心を手に入れ、
ゆっくり療養に専念してほしい、
病気を治して社会復帰して欲しい。

そんな思いで障害年金のサポートをしてきました。

その結果、
毎月20名ほどの人から障害年金の依頼があり、
その98%の方に年金をお届けできています。

無事に障害年金が決まった人から
日々喜びの声が届いています。

 

”これで安心して休むことができる”
”こんな私でも生きていて良いんだ、と思えました”
”定期的な収入があることで、家族への罪悪感が和らいだ”
”経済的な不安が解消されるだけでこんなに安心できるとは”
”これで自殺しないですみます”

 

これは、
私たち全国障害年金パートナーズがお客さんからもらった声の
ほんの一部です。

多くのうつ病で苦しんでいる人に喜んでもらえることで、
私たちもやりがいを感じます。

障害年金の手続きはとても複雑で書類も多いです。

専門家といえども時間に限りがあります。

私たちはうつ病の障害年金のサポートに特化することで
多くの人の依頼を受けられるようになりました。

でも、それでも月に20名が限界です。

月の後半になってくると新規の依頼が受けられなくなるので、
本物の専門家に障害年金を依頼したいという人は、
早めにご連絡ください。

あなたからの連絡を待っています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける