うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

妻の取説


From:山崎純平
草加のカフェより、、

朝起きたらびっくり!
冷蔵庫にかけてある、ホワイトボードに、大きく「妻の取説」と書かれていました!

なんじゃこりゃ?

と眠気も吹っ飛びました。

そのホワイトボードには、こんなことが書かれていました。

 

★妻の取説★
・ほめられると嬉しい
・せかされるとテンパる
・おかずで悩む
・マイペース
・息抜きが必要な時がある
・文章が下手→添削が必要

 

取説(取扱説明書)というより、妻の性格を記載したものですね笑

それを読んで、今までの自分の振る舞いを見返ってみました・・・

・ほめられると嬉しい
→最近、妻が一生懸命つくってくれた料理1品ずつ、「おいしいね。ありがとう。」と言っていました。
ここはクリア!

・せかされるとテンパる

「ご飯まだ?」とつい言ってしまいました。
ここは反省です。

・おかずで悩む
→妻は私に美味しい食事を作りたいと思っていますが、おかずのレパートリーがなく、夜な夜なクックパッドで研究しています。
妻よ、ありがとう。私はおかず(主食)1品とご飯があれば大丈夫だよ。
無理しないで。

・マイペース

私と違い、妻は話すのがゆっくりです。
私はせっかちですが、妻は落ち着いています。
私のないところをカバーしてくれています。

・息抜きが必要な時がある
→妻の息抜きは、お風呂にゆっくり浸かることです。
1時間以上、お風呂に浸かっていることもあります。
当初、私は長いな〜と思っていましたが、次第に気持ちが変わり、「ゆっくり休んでね」という気持ちになりました。
今度、バスロマンの入浴剤をプレゼントしようと思います。

・文章が下手→添削が必要
→結婚式の両親への感謝の手紙を添削したのですが、確かにわかりにくかったです。
仕事モードで、ついついガッツリ添削してしまいました。
「これはこうだよ。あ〜だよ。」と。
気がついたら、妻は寝ていました笑
今度から、優しくアドバイスをしようと思います。

 

こんな感じで、自分自身を振り返ると、妻には迷惑ばかりかけていたなと反省です。

でも何で、妻は、取説をホワイトボードに書こうと思ったのかな?
妻に聞いてみると、「ホワイトボードに今晩のおかずを書いていたら、あまりにペンが書きやすかったから、ついつい書いちゃった。」とのこと。

そういうこともあるんだなと無理やり納得している自分がいました。

妻がホワイトボードに書いてくれなかったら、妻のことを知ることができませんでした。
言わなければ、ずっと気がつかなかったのでしょう。
言葉や文字にすることで初めて伝わんですね。

雰囲気だけでは伝わりにくいんです。
私も、妻には感謝の気持ちがありますが、言葉に出していませんでした。
もっともっと言葉に出していかないと、伝わらないんです。
思っているだけでは伝わらないんです。

これからはどんどん、言葉に出していきます。

PS:「夫の取説」作ってみました。
・褒めて伸びるタイプ
・期限が悪い時はお腹が空いている時
・夜は長い時間起きていられない
・キッチン周りの掃除が好き
・朝はパンよりご飯が好き

あなたの取説は何ですか?




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける