うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

店員さんによって言っている内容が変わります


From:山崎純平
川口のカフェより、、

家電量販店で、ディスプレイを買いに行ってきました。

普段は、ノートパソコンで仕事をしているのですが、少し画面が小さいんです。
仕事の効率を考えた時に、もう少し大きい画面で仕事をしたほうがいいなと思っていました。

そこでとりあえず、家電量販店に行って、店員さんに話を聞こうと思いました。

ディスプレイといっても様々な種類があります。
・何が違うのか?
・どんな基準で選んだ方がいいのか?
・ディスプレイ以外に、必要なもの(コード等)はあるのか?

などなど。
疑問だらけです。
ネットで調べても、よくわかりません。
わからないことはその道の専門家に聞いた方がいいですね。

家電量販店の店員さんなら、親切に答えてくれるだろうと思っていました。

家電量販店の店内で、店員さんを探したのですが、なかなか、店員さんが見つけられません。
10分くらい店内をウロウロしていたんです。
店員さんいるかな?
いない。

ようやく20代くらいの男性の店員さんを見つけて、

すみません。ディスプレイ探しているんですけれど・・・
と伝えたんですけれど、

はぁ〜
といかにも面倒くさそうな表情でした。

そこは我慢して、とりあえずディスプレイについて質問をしました。

色々なディスプレイがあるのですけれど、何が違うんですか?

店員の回答は一言。

「画質です。」

この店員さんに聞きたくない!という思いが出てきました。

とりあえず、最低限聞きたいことだけ聞いてしまおうと思ったので、仕方なく質問を続けました。

「普段ノートパソコンを使っています。例えば、ノートパソコンに、Aという書類を表示させたまま、ディスプレイに、Bという書類を表示することはできますか?」
と恐る恐る聞いたら、

「できないです!」
とまたも面倒くさそうな返答。

わかりました。ありがとうございます。
と言って、ささっとその場から逃げました。

あの接客はないよな。
でも、最低限のことが聞けたから、まぁいいか。

ただ、この店では買いたくない。
同じ商品でも、誰から買うかって重要ですよね。

嫌な思いをしたお店で買うのと、嬉しい気持ちになったお店で買うのでは違いますよね。

後日、別のお店に行ってきました。

同じ質問を、別の店員さんに聞きました。

「普段ノートパソコンを使っています。このノートパソコンに、Aという書類を表示させたまま、ディスプレイに、Bという書類を表示することはできますか?」

明るい声で、
「できますよ!どんなディスプレイでもできます。」
と。

えっっっ〜〜〜〜

できるの?
あの態度の悪い店員さは間違った答えだったんだ。

人によって答えが変わることありますよね。
実は、障害年金の世界でもあります。

あるお客さんから電話をもらって、その人が障害年金をもらえるか無料判定をし、「あなたの場合、障害年金2級を受給できる可能性があります」と伝えました。

すると、「えっ?別の社労士さんにも判定してもらったら、”あなたはもらえません”とキッパリ言われました。」とのこと。

よくよく話を聞くと、その社労士は障害年金のことをよく理解していない人でした。

社労士だからと言って、障害年金の専門家とは限りません。
障害年金を専門にしている社労士は少なく、ほとんどの社労士が会社を相手に仕事をしています。
その片手間として障害年金の仕事をしているのです。
それが実態です。

私たちは、障害年金のみを専門に仕事をしています。
しかも、うつ病等の精神障害のみを専門にしています。それ以外の仕事は一切受けていません。

あなたがうつ病等の精神障害に悩まされているなら、ぜひ私たちを頼ってください。
あなたの力になります。

あなたの大切な障害年金という手続きを誰に任せたいですか?

あなたからのご連絡お待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける